初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

日当たり悪くても育つ野菜|ネギ、ミツバなど

投稿日:

最近、家庭菜園がブームになっています。
安心安全な野菜を口にした人たちにとって、
野菜作りはとても重要になってきます。
しかし野菜作りはきちんと知識をもって臨まなければ、
良い収穫ができずに終わってしまいます。
野菜作りを始めるにあたって、
まず何を作りたいか、何を作れる環境であるかを確認する必要があります。
土地によってその作物を食い荒らす虫が大量に発生したり、病気が発生したりする為です。
基本的な選び方としては、
?午前中の日当たりが良い場所 ?水はけ・風通しが良い場所 が望ましいです。
水はけが悪い場合は、高畦にしたり堆肥を使い、
風通しが悪い場合は植える数を減らしましょう。
日当たりが悪い場所しか無いという場合には、
ミツバ、ミョウガ、ラッキョウ、ショウガ、ネギ、ホウレンソウなど
弱い日光でも育つ作物を選びましょう。
日当たりが良いところを好む作物は、ス
イカ、キュウリ、ナス、カボチャ、ニンジン、キャベツ、ピーマン…
と普段食べている野菜が多いため、
やはり日当たりが良い場所があればそれに越したことはないですね。
輪作をする事も作物にとって良いです。
これは、同じ場所に同じ作物を作ると、
病気や害虫が増えるリスクがあるためです。
日当たりの良いところを好む作物、日当たりが悪くても育つ作物、
背丈の高い作物、背丈の低い作物を
上手く配置し、収穫時期などをずらして考える事が重要になっていきます。
連作障害が出にくい作物としては、
カボチャやネギ、フキなどがあります。
野菜の種類によっては輪作の年限があり、
キャベツやカブなどは1年、ナスやトマトは3年等といった違いがあります。
連作障害の対策としては、場所をローテーションで回して変えていくといったものもあります。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でゴーヤのグリーンカーテンを楽しむ

我が家では、毎年5月末くらいからゴーヤ栽培を行っています。 もちろん摘み取って食べるのも楽しみなのですが、、、 我が家ではもうひとつ楽しみがあります。 苗から育てると、気温の上昇に伴って、ゴーヤはグン …

no image

家庭菜園でベビーリーフを栽培|節約にも役立つ

消費税の値上がりや、増税によるお給料の削減などにより、 生活はますます厳しい風にさらされています。 せめて、節約生活で、頑張ろうと思い、玄関わきの花壇を野菜畑に変えることにしました。 まずは、土を丁寧 …

no image

家庭菜園でイタリアンパセリを栽培しています

ハーブは色々と育てていますが、私はイタリアンパセリが欠かせません。 スープにもサラダにも、ちょっとした彩りにも、お弁当にも必ず入れています。 お豆腐サラダもオススメです。 豆腐にドレッシングとイタリア …

no image

プランター栽培で失敗しないシソとミニトマト

家庭菜園といえば、一般的なのは、ミニトマトではないでしょうか。 初夏になると、ホームセンターの園芸コーナーには、 様々な種類のミニトマトの苗が並べられています。 ミニトマトが人気なのは、失敗する事が少 …

no image

家庭菜園でのスイートバジル栽培|土作りが重要だと気付きました

最近自宅の庭でバジルを育てています。 スイートバジルという品種です。 友人から簡単に育てることができると聞いて始めたのですが、 意外と難しかったです。その理由は庭の土にありました。 どうやら我が家の庭 …