初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

日当たり悪くても育つ野菜|ネギ、ミツバなど

投稿日:

最近、家庭菜園がブームになっています。
安心安全な野菜を口にした人たちにとって、
野菜作りはとても重要になってきます。
しかし野菜作りはきちんと知識をもって臨まなければ、
良い収穫ができずに終わってしまいます。
野菜作りを始めるにあたって、
まず何を作りたいか、何を作れる環境であるかを確認する必要があります。
土地によってその作物を食い荒らす虫が大量に発生したり、病気が発生したりする為です。
基本的な選び方としては、
?午前中の日当たりが良い場所 ?水はけ・風通しが良い場所 が望ましいです。
水はけが悪い場合は、高畦にしたり堆肥を使い、
風通しが悪い場合は植える数を減らしましょう。
日当たりが悪い場所しか無いという場合には、
ミツバ、ミョウガ、ラッキョウ、ショウガ、ネギ、ホウレンソウなど
弱い日光でも育つ作物を選びましょう。
日当たりが良いところを好む作物は、ス
イカ、キュウリ、ナス、カボチャ、ニンジン、キャベツ、ピーマン…
と普段食べている野菜が多いため、
やはり日当たりが良い場所があればそれに越したことはないですね。
輪作をする事も作物にとって良いです。
これは、同じ場所に同じ作物を作ると、
病気や害虫が増えるリスクがあるためです。
日当たりの良いところを好む作物、日当たりが悪くても育つ作物、
背丈の高い作物、背丈の低い作物を
上手く配置し、収穫時期などをずらして考える事が重要になっていきます。
連作障害が出にくい作物としては、
カボチャやネギ、フキなどがあります。
野菜の種類によっては輪作の年限があり、
キャベツやカブなどは1年、ナスやトマトは3年等といった違いがあります。
連作障害の対策としては、場所をローテーションで回して変えていくといったものもあります。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園初心者におすすめなサヤエンドウ栽培

今年は家庭菜園を始めてみようかなと思っている方も多いと思います。 野菜作りは土作りから始めなければならないとか、 肥料をあげなければいけないとか、初めての方は考えてしまうと思います。 せっかく家庭菜園 …

no image

家庭菜園でミニトマト栽培のコツ

家庭菜園に興味のある方やこれから始めようと考えている方は 多くいらっしゃると思いますが、植物を育てるにあたって 難しそうだと思っている人も少なからずいらっしゃると思います。 そこでおすすめなのがミニト …

no image

グリーンリーフのアブラムシ対策|農薬を使わない防除

ベランダで家庭菜園を楽しんでいます。 ハーブやネギ、グリーンリーフや苺などを栽培しています。 そろそろミニトマトの苗を買いに行きたいと思っているところです。 ところが先日、ラベンダーの株が少し枯れて来 …

no image

サトイモの栽培のポイント|水やりの頻度とコツ

去年いただいたサトイモがものすごくおいしかったので、 今度は自分でも家庭菜園で栽培にチャレンジしてみます。 程よい大きさのものができたら売ってみてもいいかもしれません。 お小遣いくらいにはなるでしょう …

トマト

家庭菜園でのトマト栽培の楽しみ方

自宅の庭の隅っこの方を家庭菜園に利用しています。 種や苗から野菜が育っていく様子を観察すること自体も楽しいものです。 しかしやはり新鮮な野菜を収穫してすぐに食材とすることのできることは大きなメリットだ …

カテゴリー

最近のコメント