初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

家庭菜園でししとうの栽培体験

投稿日:

野菜作りは、人生の中で何か機会がなければ中々できないことだと思っています。
職業的に、野菜を育てるなどの場合を除いては、
やはり野菜を生活サイクルの一環に取り入れるということは、やや難しいことのように思えます。
学生時代に本当に少ない回数ではありますが、
私も「家庭菜園」を体験することができました。
学生時代と言っても、小学生の頃なのですが、
時期としては野菜も育ちやすい夏休みを使って行いました。
いわゆる「自由研究」として行ったわけですが、
これが始めたら中々面白く、成長する場面に出くわしては感動していたものです。
私は、数ある野菜の中から、比較的に初心者でも
育てやすいものから家庭菜園を始めました。
選んだ野菜は、「スーパーししとう」です。
なぜ、ししとうを選んだのかと言いますと、
ししとうは夏に強い野菜で、病害虫の発生も他の野菜に比べると育てやすく、
初心者の私でも扱いやすいと思ったからです。
実際に夏休みに自宅の畑の一角を使って、緑のししとうを植え、育て始めました。
育てる上で、夏休みに種を植えつけるのは少し遅いと思い、
植え付け作業は夏休みに入る約1、2か月前に終わらせていたので、
夏休みの期間は主にししとうの観察と収穫をメインに行いました。
また、植え付けは、陽射しが強い夏では難しいので、
陽射しが穏やかで土がほんわか暖かい5月に行うのが良いということを
祖母から教えて貰っていたため、
最初の作業は滞りなくスムーズに実施できたのを憶えています。
収穫まで、間引きやししとうの成長を促すためにも支柱を立てたりと、
することがたくさんあり、野菜作り初心者の私は、あたふたしながら励みました。
その中でも気を付けたことは、ししとうは他の野菜より
収穫できる期間が長いので、生長し始めた頃から
有機配合肥料を途切れないように撒いていました。
これをちゃんと行わないと、ししとうの出来にも影響がみられ、
形も不細工に仕上がったりと、均等なししとうが出来ないので、
毎日の観察にはかなり真面目に取り組みました。
その結果、夏休みに行った家庭菜園は始めただらけだったわりに、
それなりの成果を上げることができ、食卓には様々な形の
「スーパーししとう」が並び、ししとうの美味しさを改めて知ることができました。
学生時代と言う時間が多くある時期に
こういう体験をすることができたことは、
私にとって貴重な体験でした。
また、時間が出来て家庭菜園しやすい環境が出来たら、
違う野菜を栽培してみたいと考えています。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ししとうのプランター栽培|追肥と水やりがポイント

わたしはシシトウが大の好物で、毎年初夏に植えて夏の終わりころまで収穫を楽しんでいます。 しかし畑を持っていませんのでプンター菜園ですが、充分に楽しめています。 なるべく葉っぱの緑が濃く、元気に見える苗 …

no image

家庭菜園でのアスパラの楽しみ方

私は自宅のちょっとした空きスペースで野菜を作っているのですが、 野菜作りって心が癒されていいですよねえ。 あと、体も結構動かすので、健康にもいいですしねえ。 で、私のその家庭菜園ではいくつかの種類の野 …

no image

家庭菜園でジャガイモの栽培が大変でした

雪が溶けたら畑に石灰を蒔きます。 私自身石灰を蒔くことに意味がよく分からないのですが、 祖母が言うには畑の消毒になるとか。 ジャガイモはある種病気になりやすい野菜でもあります。 収穫後日陰で干すのです …

no image

パセリの育て方|初心者向けの植物

パセリの場合は比較的栽培が簡単であり、 基本的なポイントさえおさえておけば 延々とパセリを収穫し続けることができます。 といっても、パセリにも一応は育て方のコツがありますし、 してはいけないこともあり …

no image

プチトマトの育て方|種まき時期は?

最近になって、自宅の庭で家庭菜園にチャレンジしました。 やろうと決めたのには、理由があり友人の家で食事をした時に 食べさせてもらったサラダがきっかけです。   その時は、自家製のベビーリーフ、キュウリ …

カテゴリー

最近のコメント