初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

みんなの家庭菜園体験談

男爵の育て方のコツ

投稿日:

ジャガイモを栽培するには、まず種芋の準備から始めます。
種芋は前年に収穫したジャガイモを少し保存しておくと
そのまま種芋として使うことができます。
初めての場合には種芋を購入してきましょう。
種芋は30から40グラムの重さに揃えます。
大きい芋は芽がある場所を確認しながら包丁で切ってください。
すでに芽が出ている方がやりやすいかもしれません。
切り口から雑菌が入るのを防ぐため、
切った芋は2?3日乾燥させてから植え付けます。
肥料を施した畝を作り、植え付けを行ないます。
畝はあまり高くせずに、芋を植え付けるための長い溝を作ります。
そこに種芋を30センチメートル間隔に並べていきます。
この時、切った芋の切り口が下になるようにします。
種芋を並べたら、芋と芋の間に化成肥料を少量施します。
そして芋の上に土を5センチメートル位になるように覆土して上から軽く押さえます。
芽が出てきて10センチメートル程に成長したら芽かきをします。
一つの芋から2?3本程度の芽をのこして取ります。
この時、本数を多く残したままにすると
出来る芋が多くなるのですが、小さい芋になりやすいです。
ジャガイモの栽培で特に大切なのは、開花前の土寄せです。
追肥をしながら株元に土を寄せを行ないます。
5センチ程の土寄せを20日間隔で3回行ないます。
ジャガイモは種芋の上にできるため、土寄せをして
ジャガイモのできるスペースを多く作ることが大切です。
ジャガイモを少し掘り起こし、成長を確認します。
そして完全に肥大したころが収穫の時期になります。
収穫は晴天の土が乾いた日に行ないましょう。
掘り起こしたジャガイモは日陰で乾燥させてから貯蔵してください。

スポンサーリンク

-みんなの家庭菜園体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ミニトマトの種類と栽培の失敗

私が家庭菜園で毎年作っているのが、ミニトマトです。 ミニトマトと一言で言っても多種類あり、 赤い定番のミニトマトや、赤くても細長いもの、 はたまた黄色いミニトマトまであります。 1番最初に家庭菜園を始 …

no image

家庭菜園でゴーヤのグリーンカーテンを楽しむ

我が家では、毎年5月末くらいからゴーヤ栽培を行っています。 もちろん摘み取って食べるのも楽しみなのですが、、、 我が家ではもうひとつ楽しみがあります。 苗から育てると、気温の上昇に伴って、ゴーヤはグン …

no image

家庭菜園でマクワウリを栽培しました

昨年、夏野菜を植えるため園芸店に行った時、トマトやきゅうり、ナスなどと並んで マクワウリの苗が売っていました。あまり買い手がないのか少し安売りしていました。 マクワウリはその名の通りウリ科の植物で味は …

no image

キッチンで育てるバジル栽培

バジルは、古代ギリシャの頃から貴族などに 愛用されていた野菜であり、かつては「王様のハーブ」とも呼ばれていました。 そういったバジルですので、ヨーロッパでは広く栽培されており、 バジルなしでは作れない …

no image

家庭菜園でキタアカリを栽培しています

今回は私が行っているジャガイモの栽培について記そうと思います。 私が初めてジャガイモ栽培を行ったのは今から7?8年ほど前になるのですが、 それから連作を避けながらなんとか毎年栽培してくることが出来まし …