ハクサイの種まき時期|家庭菜園では秋まきがおすすめ

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、
葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。
見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、
収穫に喜びを感じれることと思います。
また、花芽の形成前に結球をさせるのも、大きく育てるポイントです。
ハクサイは、低温下(0度?5度ほど)になると、花芽が形成され、
薄いイエローの菜の花のような可愛らしい花を咲かせます。
花芽の形成後は、栄養による生長が止まってしまうため、
これ以降の結球は行われません。ハクサイは、充分に育たなくても、
低温に晒せば、花芽が形成されてしまう特徴がありますので、
充分に結球が行われてから、花芽が形成されるようにしなければなりません。
具体的には、種まきの適期を間違えないことです。
春まき、夏まき、秋まきとできる野菜ではありますが、特におすすめなのは、
関東の場合、8月下旬?9月上旬の種まきです。
早くまきすぎてしまえば、高温で発芽しにくくなりますし、
高温下は、病害虫の被害にもあいやすくなります。
その結果、結球までに充分な葉の枚数を確保できなくなるので、
早まきしないように、気をつける必要があります。
また、遅くまいてしまえば、結球前に気温の低下による、
花芽の形成が行われてしまうので、これもまた気をつける必要があります。
気温がじわじわと上がる春頃とは違い、秋はぐんぐん気温が低下しますから、
種まきの適期を逃さないように、充分に気を付けてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
白菜の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました