初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ほうれん草の育て方

ほうれん草の種まきの時期|生育適温は10~20℃

投稿日:

ほうれん草は、非常に寒さに強い性質を持つ野菜です。
日本の辛い冬も乗り越えられる野菜ですが、その寒さへの強さは、
シベリアの寒地でも、栽培、収穫ができるほどだと言われます。
IMG_1370.JPGのサムネール画像
ほうれん草の生育適温は、10度?20度程度。0度以下、
氷点下を回ると、生育がストップします。しかし、マイナス10度くらいの、
気候であれば、生長は止まるものの、寒害は受けません。
ほうれん草を、日本の家庭菜園で育てる場合は、秋まきが適します。
大体、9月?10月頃に種をまき、秋?冬に掛けて収穫を行います。
低温期は、じっくりと、時間を掛けて育つので、ほうれん草の持つ、
ビタミンCなどの栄養素の高い状態で収穫ができます。
また、味自体も、非常に甘く、美味しいほうれん草が出来上がります。
では、何故、ほうれん草は寒さに晒すと甘くなるのでしょうか?
これは、寒さにさらされたほうれん草が、ほうれん草体内にある、
水分量を自ら減らし、寒害、凍害が起きないように体内の糖度を高め、
寒さから自分の体を守る、防御機能が備わっているからです。
この理屈は、車の不凍液と同じです。濃度を高めることにより、
凍らないようにすることができるのです。
このようにして育てられた、甘みのあるほうれん草のことを、
「寒締めほうれん草」とも呼びます。糖度だけではなく、
ビタミンCなどの栄養素も高くなるので、家庭菜園向きです。
この時期のほうれん草は、株が葉が広がり平坦になります。
これも、ほうれん草の防御機能の1つで、葉を地面に付けることで、
冷たい風から守っているんです。

スポンサーリンク

-ほうれん草の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ほうれん草の苗の立ち枯れを防ぐには?|高温多湿、日本の夏が苦手な野菜

■高温多湿、日本の夏が苦手なほうれん草 ほうれん草は、直播栽培で育てます。 連作障害防止として、1年間は、アカザ科の野菜を育てていない場所で 育てるようにしてください。 ほうれん草の種は、高温多湿であ …

no image

ほうれん草の原産地|東洋種と西洋種の違い

ほうれん草は、寒さに晒すことで甘みが増し、美味しくなります。 そういったほうれん草の性質のため、少し前までは、 ほうれん草は、冬の野菜として、冬にしか食べられない野菜でした。 しかし、今は、1年中、ほ …

ほうれん草 家庭菜園

ほうれん草の育て方、種まきから収穫までととうだちについて

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種が …

no image

ほうれん草の花が咲く時期|春まき、夏まきはとう立ちしやすい

ほうれん草は、日の長さが、12?16時間以上になると、 育て始めてから、約15日ほどで、花芽が形成されます。 その後は、花茎が伸びて花が咲きます。 これを、「とう立ちする」「抽だい」と言います。 日の …

no image

ホウレンソウの土つくり・畑の準備|酸性土だと生育がわるくなってしまう

ホウレンソウは酸性の土では生育がわるくなるので苦土石灰と堆肥をやや多めに畑に入れます スコップなどで深く耕した後、元肥をまいてうなを立てます 入れる量苦土石灰 1平方メートル当たり100g堆肥     …

カテゴリー

最近のコメント