野菜に必要なカルシウム(Ca)|三要素の次に吸収量の多い成分

カルシウム(Ca)はほとんどの生物にとって必要不可欠な重要な役割を担っています
カルシウムは骨、歯のような硬い構造を作る主要な成分となています

人間の体重の約2%はカルシウムです
カルシウムの99%は骨と歯に存在し、残りは体液と細胞中にあります
カルシウムは心臓筋肉の機能、血液の凝固、神経信号の伝達に必須です

人間の甲状腺は組織内でカルシウムが
バランスを維持するのに関与しています

ヒトの細胞の中でカルシウムが欠乏すると、成長がわるくなり、歯の発達がわるくなり、
くる病、もろい骨、筋肉の機能障害を引き起こす可能性があります

植物中のカルシウムの役割には、細胞液を強化して細胞が崩壊するのを防ぐこと、
細胞分裂と植物生育の促進、たんぱく質の合成、炭水化物の移動、
そして細胞の酸性度を調節する働きなどがあります

スポンサーリンク

植物中のカルシウムは土壌から吸収されています

畑への石灰肥料施肥の効果

  • 石灰施用は、窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)などの植物栄養分の利用効率を高める
  • アルミニウムなど強酸性土壌で作物生育に有害となる元素の可給性を低下させる
  • 有機物を分解し、土壌微生物の活性を高める
  • 植物生育に必要なカルシウムやマグネシウムを供給する
  • マメ科作物による窒素固定に関与する微生物活性を増大する
  • 土壌の物理性を改善する

⇒消石灰と苦土石灰の使い分け

⇒消石灰の使い方

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
石灰肥料 肥料・堆肥
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました