初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

石灰肥料 肥料・堆肥

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

投稿日:

植物の栄養素2.jpg

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが
三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です

このカルシウム、マグネシウム、硫黄は植物、動物にとって比較的多量に必要です
植物はマグネシウムと硫黄を三要素であるリンとほぼ同じくらい吸収します
そしてカルシウムはもっとたくさん必要になります

マグネシウムは葉の葉緑素の成分であり、カルシウムは細胞膜を強化し、
丈夫な植物を育てるうえで不可欠です

第2栄養素2.jpg

どの二次要素も地殻中や植物が生育する土壌中でも
かなり高い含有量で存在しています

スポンサーリンク

地殻中の含有量は
カルシウム 3.2%
マグネシウム 2.5%
硫黄 0.1%
となります

カルシウムは地殻中で5番目に多い元素であり
マグネシウムは8番目、硫黄は13番目に多い元素です

カルシウム、マグネシウム、硫黄は土壌中に自然に存在していますが
通常は植物が吸収できない鉱物や有機物の形態で存在しています

野菜の生育はしばしばこの二次要素の欠乏により抑えられています

⇒カルシウムについて

⇒マグネシウムについて

⇒硫黄について

スポンサーリンク

-石灰肥料, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥 結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥 最後の間引きが終わったら、株間または条間に 化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねて …

野菜つくり

実のなる野菜への元肥のやり方|根の張り方を考えて肥料を与える

桜の見頃になった頃は、家庭菜園が忙しくなる時期でもあります。 この時期は、トマト・キュウリ・ナスなど、食卓にも並べやすい 果菜類の元肥を入れるのにちょうど良い時期となります。 スポンサーリンク しっか …

no image

野菜にも人間にも必要なマグネシウム(苦土)|肥料で補う二次要素

植物、動物ともに、マグネシウム(Mg)は生命と繁殖のために必要です平均的な成人は約25gのマグネシウムをもっています 体の中のマグネシウムの役割の多くはまだ十分に解明されていませんが多くの酵素を適正に …

no image

化成肥料と有機質肥料の特徴と役割の違い|家庭菜園の肥料の知識

有機肥料は動植物のたんぱく質などの有機物を主体としていますがこのような有機物は直接植物が吸収することはできません 土壌中でまず微生物によって分解され、無機化されて、有機態窒素はアンモニウム態、または硝 …

no image

肥料の成分・種類ごとの働き|家庭菜園で上手な野菜作り

肥料の成分・種類の働きを知っていますか? 多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食) 窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン …

カテゴリー

最近のコメント