初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

石灰肥料 肥料・堆肥

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

投稿日:

植物の栄養素2.jpg

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが
三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です

このカルシウム、マグネシウム、硫黄は植物、動物にとって比較的多量に必要です
植物はマグネシウムと硫黄を三要素であるリンとほぼ同じくらい吸収します
そしてカルシウムはもっとたくさん必要になります

マグネシウムは葉の葉緑素の成分であり、カルシウムは細胞膜を強化し、
丈夫な植物を育てるうえで不可欠です

第2栄養素2.jpg

どの二次要素も地殻中や植物が生育する土壌中でも
かなり高い含有量で存在しています

スポンサーリンク

地殻中の含有量は
カルシウム 3.2%
マグネシウム 2.5%
硫黄 0.1%
となります

カルシウムは地殻中で5番目に多い元素であり
マグネシウムは8番目、硫黄は13番目に多い元素です

カルシウム、マグネシウム、硫黄は土壌中に自然に存在していますが
通常は植物が吸収できない鉱物や有機物の形態で存在しています

野菜の生育はしばしばこの二次要素の欠乏により抑えられています

⇒カルシウムについて

⇒マグネシウムについて

⇒硫黄について

スポンサーリンク

-石灰肥料, 肥料・堆肥
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

それぞれの肥料成分の野菜に対する役割|重要なのは、必要元素が全て不足しないようにすること

肥料は、大部分を根より吸収し、さまざまな物質の原料となり、野菜の生長に欠かせない、さまざまなはたらきをします。 ■窒素 窒素は、根・茎・葉の生長を促し、養分の吸収力を高め、同化作用を促進するはたらきが …

野菜つくり

家庭菜園での施肥の方法|肥料の与え方は、野菜によって適切な方法が異なります

堆肥や肥料の与え方には、いくつかの方法があります。 土の全体に向け、散布する方法を全面施肥、植え穴を作って肥料を与える 植え穴施肥、畝の中央に溝を作って肥料を与える溝施肥(条施肥)があります。 スポン …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

堆肥の適切な施用量|与えすぎは野菜の生育を阻害してしまいます

自然の場では、植物自身の落とした葉や、枯れた枝、そこに住んでいる、動物たちの糞、遺骸などがあるため、微生物はそれらを分解し、土に栄養分が与えられます。 有機物ができる事で団粒化し、自然の中では、ごくご …

野菜つくり

家庭菜園の堆肥作り|土作りでおいしい野菜をたくさん収穫しよう

土地の持つ生産力を高めることは、良質な野菜をたくさん収穫することに繋がります。 しかし、この生産力である地力は、野菜作りを重ねて行なっていくと、 どうしても減少してしまうものとなるため、それをサポート …