初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の土作り 石灰肥料 肥料・堆肥 pH

消石灰と苦土石灰の使い分け|家庭菜園の土壌のpH調整に便利

投稿日:

家庭菜園で栽培するほとんどの野菜がpH6-7の土を好みます

pH測定液やリトマス試験紙などでpHを調べ、
酸性に傾いていたら消石灰を施します

pHを1上げるには深さ20?ほど耕した土1平方メートルに対して
消石灰を200?300gまくのが目安です

一緒に完熟たい肥を入れることでより土壌のpHは安定します

スポンサーリンク

消石灰はアルカリ性が強く、速効性がありますが
土が固まりやすいというデメリットもあります

マグネシウムの肥料分含む苦土石灰が酸度調整もできて便利です


⇒野菜の種類別好適pH

⇒土壌のpH測定

スポンサーリンク

-家庭菜園の土作り, 石灰肥料, 肥料・堆肥, pH
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園の土の作り方

家庭菜園で野菜を作るたびに土は酸性度が強くなるので、収穫の後、家庭菜園の畑を耕すときに畑全体に石灰または苦土石灰を1?あたりに200?400gくらいを混ぜ、よく耕します。 ここで、気をつけることは家庭 …

no image

有機物の施用| 土の透水性、保水性、保肥力、通気性の改善

家庭菜園に有機物を投入することによって、 土粒問に適度なすき間ができます。 これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、 土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。 よく耕すことによ …

no image

野菜に必要な第2栄養素|二次要素は体を作り生育を助ける

野菜の多量必須要素としては、三要素(窒素N、リン酸P、カリK)がよく知られていますが三要素の次に必要な養分が二次要素(カルシウムCa、マグネシウムMg、硫黄S)です このカルシウム、マグネシウム、硫黄 …

no image

野菜の病気や生育状況の診断|野菜の育ち方を見て土つくりをしていく

野菜を上手に育てるには、土作りが重要だと言われています。しかし、闇雲に肥料や、完熟堆肥、石灰を入れてもあまり意味がありません。 ECメーターや、pH試験紙などを使って、窒素の含有量を知り、pHの数値を …

no image

畑の土壌酸度は高すぎても低すぎてもいけない

土壌酸度とは、土が酸性かアルカリ性かということで、pHという単位で表します。 pH7.0以下が酸性、それ以上がアルカリ性です。 多くの植物の生育に問題ないのは、弱酸性から中性の土(pH5.5?7)とさ …