初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の1年間の栽培作業計画

家庭菜園での12月の作業|本格的な寒さ対策を

投稿日:

12月になると段々と本格的な寒さが訪れ、霜が降りる日も
多々あるかと思います。
私たちも重ね着をするように、野菜たちも寒さに参る頃です。

収穫の点で言えば新鮮な緑黄色野菜が少なくなってくる頃です。
しかし、おいしい野菜は毎日食卓で楽しむことも出来ます。
それにはちょっとした工夫が大切です。

例えば春菊やラディッシュなどを好きな時に収穫をするには、
葦簀などを使って北風を防ぐようにすると良いでしょう。
こうすれば、いつでも新鮮な野菜を食卓に並べることが出来ます。

また家庭菜園の土はゆっくりを休み、春に向けて力と供える時期です。
空いている菜園には石灰をまいておきます。
大体1平方にお茶碗1杯ほどの割合が良いかと思います。

しっかりと耕し、この寒さを上手く利用し晒しておきましょう。

■12月に行う家庭菜園の管理

スポンサーリンク

タマネギは12月中に除草・追肥・土寄せを行います。
根深ネギは収穫も可能ですが、年明けまで収穫したい場合は
土寄せを行なっておきましょう。

秋まきのブロッコリーは花の蕾ができ始めると同時に、
キャベツやハクサイは、結球しはじめると同時に、
追肥・中耕を行い、土寄せを敷きワラをしてください。

不織布をかぶせてすそを洗濯バサミなどで止めておくと、
鳥や寒さから野菜を守ることが出来ます。

イチゴは畑が乾いた時に水やりを行います。
乾燥させすぎてしまうと、根っこが伸びなくなるだけでなく
肥料当たりを起こす原因にもなってしまいます。

ほうれん草は早い内に間引きをして順次収穫を行います。

カリフラワーは、乾燥しすぎてしまうと花の蕾が大きくなりません。
これはチャボダマと呼ばれています。
そのため、適量の水やりをすることも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の1年間の栽培作業計画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での1月の作業|1年間の栽培計画をたてよう

1年を通して上手に家庭菜園を楽しむには、どのようにスケジュールを組んでいけば良いのでしょうか? 最近流行の家庭菜園の計画を練るべく、1月に出来る事を色々と紹介していきたいと思います。 ■1年間トータル …

no image

家庭菜園での2月の作業|春夏の野菜作りの準備・種まき

家庭菜園で2月に行うべきこと 皆さんは節分を期に暦上春になることご存知でしたか?ちょっと意外ですが、2月3日より暦の上では「春」となるのです。 しかしまだまだ寒い時期ではありますよね。地域によってはま …

野菜つくり

家庭菜園での5月の作業|夏野菜の苗を定植しよう

ゴールデンウィークを過ぎた頃になると、 段々気候も安定して、暖かく感じるようになってきます。 私たち人間と同じように植物も育ちやすい環境が 徐々に整ってきます。 スポンサーリンク 夜は比較的まだ寒いと …

no image

家庭菜園での7月の作業|炎天下での作業はなるべく短時間で

7月は徐々に強い日差しの日も増えてきます。梅雨が明ければ夏本番となり、私たちもクーラーをかけずにはいられなくなる頃です。 野菜たちも同じように急激な暑さや強い日差しに晒され、弱くなってしまいがちな時期 …

no image

家庭菜園での3月の作業|霜の害にならないよう注意

3月というと春を感じさせる季節でもありますが、まだ寒暖の差は激しく、寒い日には暖房も必要となります。 東北や北海道などでは、まだ雪も残る季節かと思いますが、これからの天候や日差しによって家庭菜園の野菜 …

カテゴリー

最近のコメント