ホーム » 野菜の育て方 » ハーブの育て方 » スープセロリの育て方|野菜スープに適したハーブ

スポンサードリンク

スープセロリの育て方|野菜スープに適したハーブ

スープセロリは、名前の通り野菜スープに適したセロリです。
スープにしても癖がないものになりますので、サラダやおひたしなど、
従来の食べ方でも、非常に食べやすくお子様にもお勧めです。



スープセロリの種まきは、4月?6月頃が適期です。
この時期に種をまけば、秋ごろには収穫を楽しむことが出来ますが、
小さな株を利用すれば、夏ごろから食べることが出来ます。


種まきは、育苗箱または浅めの植木鉢などに行います。
本葉が大体4枚?5枚頃になったのを目安に、プランターまたは畑へ、
植え替えを行なっていきます。


湿度が高い場所を嫌う作物ですので、用土は水はけが良くなるようにし、
1センチ間隔くらいにばらまきをしていきます。


発芽には光が必要となりますので、土をかぶせる時は1ミリほどにし、
しっかりと光が当たるようにします。
また、種子が流れ出さないように丁寧に水を与えてください。


その後、新聞紙を2枚ほどかけて、きちんと保湿した状態で、
発芽を待ちます。


発芽したら混み合っている部分を間引きしていきます。
最終的な間引きの目安は3センチ?4センチほどとして、徐々に、
間引きを行います。


植え付けは、プランターであれば表面積の大きいものに行います。
畑であれば、ベッド植えです。


スープセロリは肥料を好みますので、元肥として完熟堆肥かピートモス、
ヤシガラなどを土の2割?3割ほど混ぜて、油粕・化成肥料を与えます。
追肥も必要となりますので、20日に1回ほど液肥を利用しましょう。


本葉が10枚ほどになったら、順次外側の大きい葉より収穫します。
新芽がどんどん中心から伸びていきますので、追肥さえしていれば、
長期間、収穫を楽しむことが出来るのがスープセロリのお勧めポイントです。


スポンサードリンク

Return to page top