ホーム » 家庭菜園ブログコラム » 家庭菜園のコストパフォーマンス|費用対効果の高い野菜

スポンサードリンク

家庭菜園のコストパフォーマンス|費用対効果の高い野菜

私は庭付き一軒屋に一人暮らししております。
庭付きと言うこともあって、そこでちょっとした家庭菜園をしています。
また一人暮らしと言うこともあって、出来るだけ出費を抑えたく、家庭菜園を始めました。
出費を抑える為の家庭菜園ですから、一種類の作物を多く作るのではなく、
多くの種類を少なく作っています。

そして作物の選定基準は、コストパォーマンスを重視し、かつ作りやすいもの。
私が何年もかけ、色々と作った結果、一番良いと思ったのはミニトマトでした。

IMG_2158.JPG

しかしミニトマトは、種類も様々あるように価格も様々なのです。
赤く丸いミニトマトが出来るものから、赤い洋ナシ形の見が出来るもの、
そして黄色く楕円形の実が出来るもの。
そして甘かったり、トマトらしい味だったり、ちょっとしゃりしゃり感があるもの。
一苗389円と言うミニトマトとしては高価な苗までも、ホームセンターでは売ってあります。

IMG_0485.jpgのサムネール画像

そんな中で私が何時も買っているのは、京都淀苗のミニトマト。
品種はペペ、そしてお値段はなんと地域最安の一苗58円!
スーパーなどで売られているミニトマトの多くはこのペペで、
これはどちらかと言えば、家庭菜園よりも農家向けの品種だという話を聞きました。

そしてこの京都淀苗と言うのは、文字通り京都の久御山町で作られている苗です。
そうです、久御山町にある種苗会社ではなく、「久御山町」が作っている苗なのです。
そういうこともあって、お安いのかもしれません。

確かにデルモンテやサントリーなどが作っている苗とは違い、ウイルスフリーなどではありません。
しかし意外と強く、病気になったりしたことがありませんし、実もしっかり出来ます。
だからこそ手間が少なくて済み、収穫を期待できるので、
農家向けの品種となっているかもしれませんね。

そんなわけで、私は今年もペペを作ります。
スポンサードリンク

関連記事

Return to page top