ホーム » 野菜の育て方 » トマトの育て方

スポンサードリンク

トマトの育て方カテゴリの記事一覧

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、
レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。


しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、
忙しい日常の合間に行けませんし、まして収穫の時期は毎日取りに行くのも大変ですね。


庭があればなぁ...と思っていらっしゃる
マンションやアパートにお住いの方も多いと思います。
しかし、なかにはプランターで育てた方がいい野菜もあります。
そういう野菜を選べば、ベランダ菜園で手軽に水やりや収穫ができるので、
ぜひ挑戦してみてください。

なんといってもお手軽なのは「ミニトマト」です。
虫害や病気になりにくい種類も開発されていて、
デルモンテ・トゥインクルを育ててみましたが非常に丈夫です。


収穫期には毎日収穫できることから育てる楽しみが実感できます。
ミニトマトは、サラダやトマトソースなどいろいろとお料理にも使いやすい野菜ですので、
もっともなるときは毎朝10個以上収穫できますが、まったく困りません。


ポイントは早めに支柱を立ててきつくない程度にどんどん枝を誘引します。
最長で3Mほどになりますので、ベランダで四方八方伸び放題になるのを防ぎます。
また根を張るのでプランターは30cmほどの深めのものを選び、水を朝晩たっぷりあげます。


夏場のベランダは想像以上に熱せられますので、
あっという間に水不足になりますので注意です。
鈴なりになった時の感動はひとしおですよ

スポンサードリンク

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

続きを読む

家庭菜園でのトマトトーンの使い方|ホルモン処理の注意点

■トマトトーンスプレーの使い方、ホルモン処理の注意点トマトトーンスプレーなどは、...

続きを読む

トマトの栽培ポイントまとめ2|カルシウム欠乏に注意

■トマトの脇芽は小さいうちにかき取ることが大切!トマトの脇芽とりは、まだ小さいう...

続きを読む

トマトの栽培ポイントまとめ1|実のなる側を手前にする

トマトは、家庭菜園で育てることのできる野菜の中でも、特に、人気・需要の高い野菜で...

続きを読む

Return to page top