初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

トマトの育て方

トマトの原産地と適した環境

投稿日:

トマトは、古くから私たちの食料として食べられてきた野菜です。
そもそもの原産は、南米アンデス山脈の高地にて生まれましたので、
トマトは、高温多湿の状況をとても嫌います。
いきいきトマト.JPG
日中の強い日差しは好む植物ではありますが、日本の夏は、
トマトの生まれ育った環境とは大きく異なるもののため、
高温多湿の状況で育てるには、充分な注意と管理が必要となります。
そんなトマトがヨーロッパに伝わったのは、1519年の頃。
最初は、観賞用として楽しまれ、その後、イタリアにて食用として、
トマトの開発が盛んに行われました。
日本はこの頃、江戸時代ではありますが、日本で食用として、
トマトが食べられるようになるのは、その約200年後。
昭和の頃まで、トマトは日本で食用として食べられてはきませんでした。
確かに、トマトの嫌いな日本人というのは今でも多いですよね。
そんなことから、日本でも根付くのには時間がかかったそうです。
現在、トマトの品種は約800種もあると言われています。
日本人の嗜好に合った、青臭さのない品種の開発なども進み、
今では、フルーツトマト、ミニトマトなども一般的です。
CA390270.JPGのサムネール画像
また、品種は色でも分けられていて赤系のものと、ピンク系のものがあります。
日本では、「トマト=赤」というイメージが付いているものの、
現在の日本で食べられている品種の多くは、ピンク系のトマトであり、
赤系のトマトは、加工用の品種や、ミニトマトの一部でしか育てられていないようです。

スポンサーリンク

-トマトの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

no image

イタリアントマトを上手に作るための支柱栽培と地這い栽培の違い

イタリアントマトを家庭菜園で育てる前に品種による栽培方法の違いを知っておくことが重要です トマトの品種には芯止まりと非芯止まりのものがあります一般に栽培されているのは非芯止まりの品種です 非芯止まりの …

no image

トマトの種類|クッキングトマトは栄養的に優れている?

あなたはトマトは好きですか? ここ最近はスーパーでもいろいろなトマトを見かけますね トマトを色で分けると、 生食用のピンク系トマトと ジュース用加熱調理用の赤系トマトの 2つに分類されます。 日本のト …

no image

トマトのわき芽を取って整枝する|病気の予防になりすくすく育つ

トマトは、主枝1本仕立てにして管理します。 この方法に仕立てるには、整枝とよばれる作業が必要です。 整枝とは、主枝の生長段階ででてくる脇芽を全て摘み取ってしまうこと、 この作業が、トマトの病気予防にも …

no image

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、 レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。 しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、 忙しい …