初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

トマトの育て方

トマトの原産地と適した環境

投稿日:

トマトは、古くから私たちの食料として食べられてきた野菜です。
そもそもの原産は、南米アンデス山脈の高地にて生まれましたので、
トマトは、高温多湿の状況をとても嫌います。
いきいきトマト.JPG
日中の強い日差しは好む植物ではありますが、日本の夏は、
トマトの生まれ育った環境とは大きく異なるもののため、
高温多湿の状況で育てるには、充分な注意と管理が必要となります。
そんなトマトがヨーロッパに伝わったのは、1519年の頃。
最初は、観賞用として楽しまれ、その後、イタリアにて食用として、
トマトの開発が盛んに行われました。
日本はこの頃、江戸時代ではありますが、日本で食用として、
トマトが食べられるようになるのは、その約200年後。
昭和の頃まで、トマトは日本で食用として食べられてはきませんでした。
確かに、トマトの嫌いな日本人というのは今でも多いですよね。
そんなことから、日本でも根付くのには時間がかかったそうです。
現在、トマトの品種は約800種もあると言われています。
日本人の嗜好に合った、青臭さのない品種の開発なども進み、
今では、フルーツトマト、ミニトマトなども一般的です。
CA390270.JPGのサムネール画像
また、品種は色でも分けられていて赤系のものと、ピンク系のものがあります。
日本では、「トマト=赤」というイメージが付いているものの、
現在の日本で食べられている品種の多くは、ピンク系のトマトであり、
赤系のトマトは、加工用の品種や、ミニトマトの一部でしか育てられていないようです。

スポンサーリンク

-トマトの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。 ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、 この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。 特に、 …

no image

トマトの魅力は真っ赤なリコピン|イタリアントマトの育て方

トマトを色で分けると生食用のピンク系トマトとジュース用・加熱調理用の赤系トマトに分類されます ピンク系トマト  トマト タキイ交配・・・桃太郎T93・・・<タキイの大玉トマトです。 種のことならお任せ …

no image

トマトの種類|クッキングトマトは栄養的に優れている?

あなたはトマトは好きですか? ここ最近はスーパーでもいろいろなトマトを見かけますね トマトを色で分けると、 生食用のピンク系トマトと ジュース用加熱調理用の赤系トマトの 2つに分類されます。 日本のト …

no image

トマトの栽培ポイントまとめ1|実のなる側を手前にする

トマトは、家庭菜園で育てることのできる野菜の中でも、 特に、人気・需要の高い野菜です。小さなお子さんとの栽培など、 家庭菜園ではなく、小さなベランダなどで栽培している人も多いようです。 しかし、トマト …

トマト

トマトの栽培・育て方|連作障害に注意!

トマトは学名でLYCOPERSICON ESCUIENTUM、 食用になる「狼の桃」、フランス語では「愛のリンゴ」、 イタリア語では「黄金のリンゴ」 と呼ばれているナス科の野菜です。 スポンサーリンク