家庭菜園のトマトのひび割れの原因|過湿にならないように注意することが必要

トマトの実の部分にヒビが入ってしまった時の原因は、水やりの失敗です。
ヒビが入るとどうしても、病害虫や、肥料不足などを考えてしまいがちですが、
この症状の場合、水分管理の失敗が大きな原因です。
特に、露地栽培では起こりやすい現象の1つとして知られています。
具体的には、実が赤くなった後に、湿度が高すぎるとヒビが入りやすくなります。
過湿にならないよう、充分に注意することが必要となるのです。
■トマトの実にヒビが入ってしまった時の原因
トマトは、緑であるうちは弾力性があり、感触も硬いものとなりますが、
赤くなると、弾力性が失われ、内部の圧力に弱くなる傾向にあります。
トマトといってもさまざまな品種があるため、一概には言えませんが、
対策としては、毎日の水やりを平均して行うことが必要です。
例えば、必要以上に水を与えた日もあれば、乾燥させすぎた日もある、
このようにバランスの悪い水やりを行なっていると、ひび割れしやすいのです。
病気にかかってしまったのか、害虫に食べられて割れてしまったのか、
ということよりも、水分管理の原因であることが多々ありますので、
土の乾き具合が大きく変わらないよう、毎日の水やりを行なってください。
また、露地栽培以外でも、ハウス抑制栽培などでも起こりやすいと言えます。
露地栽培、ハウス抑制栽培でトマトを育てている場合は特に、
このことに注意しながら、ヒビの割れないトマトを収穫できるように管理してください

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
トマトの育て方 水やり
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました