初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

トマトの育て方

トマトのわき芽を取って整枝する|病気の予防になりすくすく育つ

投稿日:

トマトは、主枝1本仕立てにして管理します。
この方法に仕立てるには、整枝とよばれる作業が必要です。
整枝とは、主枝の生長段階ででてくる脇芽を全て摘み取ってしまうこと、
この作業が、トマトの病気予防にもなり、スマートに育てるコツでもあります。
IMG_1032.JPG
この整枝の作業を怠ったトマトは、脇芽がどんどん伸びてしまい、
その部分の栄養も必要になってきます。また、苗自体の生長も著しく、
茂りすぎてしまうのも、良くありません。
主枝は、支柱の先まで伸びた段階で、葉を2枚残して摘芯します。
また、トマトの作業には芽かきなどもありますが、摘芯と同じく、
晴れた日に行うようにして、病気を予防します。
雨の日にこういった作業をすると、摘芯した場所や、芽かきした場所より、
病原菌が入ってしまうこともあるためです。
家庭菜園では、トマトではなく、ミニトマトを育てる人も多いですが、
ミニトマトの場合は、主枝と花房のすぐ下にある脇芽を伸ばした状態、
2本仕立てもおすすめです。
主枝1本仕立ての方法でも可能となりますが、トマトと比べて、
樹勢が強いので、2本仕立てにする方法をおすすめします。
トマトの原産地は、南アンデスの高地と比較的雨の少ない場所のため、
湿度の高い状態を、とても嫌います。
雨による湿気から、病気にかかりやすくなってしまったり、
実割れを起こすこともありますので、雨除けなど、降雨対策は行なって育てていきましょう。
また、雨除けはトンネル式のマルチなど、さまざまな種類のものがあります。

スポンサーリンク

-トマトの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

トマトの栽培ポイントまとめ1|実のなる側を手前にする

トマトは、家庭菜園で育てることのできる野菜の中でも、 特に、人気・需要の高い野菜です。小さなお子さんとの栽培など、 家庭菜園ではなく、小さなベランダなどで栽培している人も多いようです。 しかし、トマト …

no image

トマトの原産地と適した環境

トマトは、古くから私たちの食料として食べられてきた野菜です。 そもそもの原産は、南米アンデス山脈の高地にて生まれましたので、 トマトは、高温多湿の状況をとても嫌います。 日中の強い日差しは好む植物では …

no image

トマトの栽培ポイントまとめ2|カルシウム欠乏に注意

■トマトの脇芽は小さいうちにかき取ることが大切! トマトの脇芽とりは、まだ小さいうちに指で取るようにしてください。 脇芽をとるというと、ハサミを用いるようにイメージする人も多いですが、 脇芽とりには、 …

トマト

トマトの栽培・育て方|連作障害に注意!

トマトは学名でLYCOPERSICON ESCUIENTUM、 食用になる「狼の桃」、フランス語では「愛のリンゴ」、 イタリア語では「黄金のリンゴ」 と呼ばれているナス科の野菜です。 スポンサーリンク

no image

トマトの接木苗を定植して連作障害対策

トマトは、味だけではなく、食卓のいろどりを良くするとして、 家庭菜園でも、特に人気の高い野菜の1つです。 トマトの苗の植え付けの適期は、4月下旬?5月上旬頃です。 トマトは苗から育てるのが一般的とされ …

カテゴリー

最近のコメント