ホーム » 野菜の育て方 » キャベツの育て方

スポンサードリンク

キャベツの育て方カテゴリの記事一覧

キャベツの栽培のポイントまとめ2|収穫の目安、害虫防除

■キャベツにつく、害虫は見つけ次第、すぐに対処する


植え付け後、まだ気温の高い時期は、ハイマダラノメイガ(芯喰い虫)
が良く見られます。この幼虫は、キャベツの芯を好んで食べますが、
キャベツの芯は、生長点があるところですから、葉が増えない、
上手く結球しないといった症状が起こります。


ヨトウムシや、アオムシは、秋の頭頃から見られるようになります。
発見が遅れると、食害の被害が広がりますので、注意してください。
その他、アブラムシ、コナガの幼虫などにも注意します。


■結球までにするキャベツ栽培の作業


結球までに、充分な葉の枚数を確保する必要があるため、
肥料切れには注意して育てます。定植後1ヶ月ほどしたら、化成肥料を、
1平方メートルあたり50グラム、追肥として与えます。


更に1ヶ月したら、同じように追肥を与えます。
肥料をまいた後は、クワなどを使用して土寄せも忘れずに行ってください。


■キャベツの収穫の目安


キャベツの収穫は、適度な珠の大きさ、手で押した時に硬く、
締まっていることが条件です。
夏蒔きの場合は、早生種で1.5キロ程度(約種まきより90?100日)
中手種の場合、1.8キロ程度(種まきより約110?130日)、
晩手種の場合、2キロ程度(種まきより、約120?130日)となります。


■収穫後は、綺麗に掃除することも忘れずに


収穫後は、畑作業も一段落!と思ってしまいがちですが、
収穫後の外葉や、残った根は病原菌や、害虫が繁殖しやすいので、
すぐに掃除することも忘れないようにしましょう。
スポンサードリンク

キャベツの栽培ポイントまとめ|害虫は、外からだけでなく、土壌からにも注意する

さまざまな料理に使用できるキャベツは、家庭菜園でも育てられます。毎日食べても、味...

続きを読む

キャベツの連作障害対策と根こぶ病にならない環境

キャベツの原産地は、地中管沿岸付近です。この日本より涼しいヨーロッパの気候は、夏...

続きを読む

キャベツの種まき時期|家庭菜園では夏まきがおすすめ

キャベツは、葉が重なるようにして丸くなった野菜です。このようになった野菜は、レタ...

続きを読む

キャベツの原産地と日本での歴史

キャベツは、ヨーロッパの海岸近くの石灰の多い岩場などに、自生したものから作られた...

続きを読む

Return to page top