カイランの育て方|葉っぱと、柔らかい花茎を収穫するキャベツの仲間

夏真っ盛りとなると、家庭菜園も季節にやられ青物が収穫しにくくなります。
そんな時に育てておくと重宝するのがカイランです。

カイランはキャベツの葉に似ているキャベツの仲間ですが、
早くから茎がぐんぐん伸び、とう立ちします。
その時の葉っぱと、柔らかい花茎を収穫出来るのです。

原産は南方系なので、耐暑性があるのが特徴です。
比較的温かい地域で栽培されている野菜となりますので、日本の夏でも
育てることが出来、収穫を楽しむことが出来ます。

種のまき時はさまざまですが、夏に収穫することを考えると、
夏より少し前に行うのが良いかと思います。収穫までの日数が、
50?60日ほどなので、逆算して種まきを行います。

スポンサーリンク

種をまく前には、完熟堆肥・油粕・化成肥料を使って土作りをします。
その後、50センチ間隔で鍬幅のまき溝をつくって、3?4センチ四方に
1粒ずつ種をまいていきます。

随時間引きを行なっていきますが、最終的な目安は10センチほどです。
この間に追肥を2回ほど行い、肥料不足にならないよう、
注意しながら育てていきます。

また、セルトレイ(128穴)を使って本葉4枚ほどになってから、
植えつけるようにすると、良品が揃って育てられるようになるので、
セルトレイを使った方法で育苗するのも良いかと思います。

肥料の点でいえば、直播きと同様です。
害虫の被害にあいやすいので、良く観察をして防除を怠らないようにしましょう。

また、防除の方法としてはベタ掛け資材が適しています。
トンネル状に覆ってあげると、虫が飛んでくるのを防ぐことが出来ます。

収穫は高さ15センチほどです。
若葉や蕾の部分は揚げ物、天ぷら、炒めものとして、茎の部分は、
サラダなどにも使えますよ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
キャベツの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました