ホーム » 野菜の育て方 » とうもろこしの育て方

スポンサードリンク

とうもろこしの育て方カテゴリの記事一覧

とうもろこしによくつく虫の名前はアワノメイガ|スイートコーンの虫食い対策

■収穫の目安は、ひがが褐色してゴワゴワになった頃に行う


スイートコーンは、収穫の適期が短い作物となりますので、
取り逃がしてしまうことのないよう、気を付けてください。
実際、糖度の最も高い時期は、たったの3日ほどだと言われています。


収穫は、開花後20日?25日ほど、ひげが褐色となり、
ゴワゴワと固まりだした頃が目安となります。
また、外皮を少しめくって、上部までしっかりと粒が膨らんでいることを
確認するという方法もあります。
美味しいスイートコーンを収穫するためにも、適期は逃さないようにして、
食卓で楽しんでください。


■スイートコーンは、アワノメイガに気をつけること


スイートコーンは、害虫、アワノメイガに気を付けてください。
アワノメイガの特徴は、スイートコーンの葉の付け根の部分に、
クリーム色をした粉状の塊が付くということです。
アワノメイガのアワは、イネ科を指す言葉となりますので、
イネ科に属する、スイートコーンにとっては、大敵ともなる害虫です。


このアワノメイガは、茎より入り込み、雌花を食べてしまいます。
その時にこのクリーム色の粉を付けることになるので、
既に侵入した形跡です。


食べられた雌花は、白っぽく変色したり、折れてしまったりします。
放置すれば、そのまま肝心の実を食べることになってしまうので、
雌花の段階で、害虫の被害を食い止められるようにしてください。
ちなみに、実を食べられたスイートコーンは、虫食いだらけになってしまい、
食べる箇所がまともになくなってしまうほどまで、被害が広がります。
適切な対処や、観察を欠かさずに行いましょう。
スポンサードリンク

とうもろこしの追肥をやる時期|大きくみのつまったものを収穫するために

■1株に1本とすれば、実のぎっしり詰まったものが出来上がる実の詰まったものを収穫...

続きを読む

とうもろこしの植え方|スイートコーンは、2列以上にして植え付ける

スイートコーンは、輪作してもおすすめしたい作物です。独特の甘さは、家庭菜園ならで...

続きを読む

とうもろこしはクリーニング作物|余分に土壌に含まれる養分を綺麗にお掃除してくれる

スイートコーンは、別名「クリーニング作物」と呼ばれています。この呼ばれ方の由来は...

続きを読む

とうもろこしの原産地といろいろな種類

コロンブスがアメリカ大陸を発見したことは、有名な話ですが、この時に住んでいた先住...

続きを読む

Return to page top