初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

白菜の育て方

白菜の日本での歴史|カブ、コマツナ、チンゲンサイはハクサイの仲間

投稿日:

ハクサイは、キムチにお漬物、炒めものに、鍋物。
日本の食卓には欠かせない野菜の1つとして、知られていますが、
ハクサイの歴史はまだ浅く、日本には明治頃に入ってきたとされています。
八宝菜にも使われているように、元々は中国で発達した野菜で、
中国より日本に輸入されました。
その後、明治になって日清戦争が起こり、それをきっかけとして、
ハクサイが日本でも広まるようになりました。
植物学の上で言えば、ハクサイは、カブや、アブラナ、コマツナ、
チンゲンサイなどと同種とされています。
特に、カブとチンゲンサイは、ハクサイの祖先であるとこも言われていますが、
丸く結球するハクサイそのものは、中国で生まれたとされています。
野生のものの中で、葉が結球するようなハクサイの祖先は見つかっていないためです。
ちなみに、アブラナは地中海沿岸や、北、東ヨーロッパ、
中央アジア、ロシアあたりに自生していたとされていますが、
ハクサイ自体は、ヨーロッパなどでは、あまり利用されていないようです。
しかし、同じアブラナ科であるキャベツは、ヨーロッパでの品種改良が進み、
さまざまな料理に使われています。
特に、冬場の鍋物には、ハクサイのシャキシャキとした美味しさが、
欠かせませんよね。一度にたくさんのハクサイを食べることもできるので、
野菜不足の日本には、ハクサイは欠かせないものと言えると思います。
是非、家庭菜園でもハクサイを育て、冬場の食卓に並べてみてください。

スポンサーリンク

-白菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ハクサイ 直播

ハクサイの直播栽培のコツ|間引きを早めに行い、追肥する

大きく結球したハクサイを収穫するためには、気温が下がりすぎる前に、 外の葉を大きくしておくことが大切です。 そのためにはまず、種まきの適期を守ることが重視されます。 スポンサーリンク

no image

娃々菜(わわさい)の育て方|食べきりサイズの超小型ハクサイ

スーパーなどで売られている一般的なハクサイの重さは4?5キロです。小型のものでも3キロほどありますので、購入したはいいものの、持って帰るのに大変!といった経験をされた方も居るのではないでしょうか? そ …

no image

ハクサイの種まき時期|家庭菜園では秋まきがおすすめ

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、 葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。 見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、 収穫に喜びを感じれることと思いま …

no image

ハクサイが結球しない失敗をなくす|肥料のやり方と害虫防除も重要

結球ハクサイを美味しく作るには、結球を締めることが大切です。 また、約70枚?100枚という葉数のある状態に育てることが肝心です。 ここでは、そんな結球ハクサイ作りのポイントについて紹介していきたいと …

野菜つくり

白菜の追肥・土寄せ|おいしいハクサイの育て方

白菜の追肥は最後の間引きが終わった後に1回目の追肥 結球が始まる前に2回目の追肥をします 1回目の白菜の追肥 最後の間引きが終わったら、株間または条間に 化成肥料を施し、土で覆います また除草を兼ねて …

カテゴリー

最近のコメント