タケノコハクサイの育て方

タケノコハクサイ アブラナ科

タケノコハクサイは白菜の一種で

中国ではシャオツァイ(紹菜)と呼ばれています。

タケノコハクサイは日本の白菜に比べて、

細長く、草丈は高くなります。

結球部が長円筒形をしていて

タケノコの形に似ていることから

このタケノコハクサイという
名前で呼ばれています。

日本にはだいぶ前から入っていますが、

なかなか普及してきませんでした。

しかし最近は料理法がいろいろでてきたり、

おもしろい形が注目されてきています。

アメリカにも古くからタケノコハクサイがあり、

主に中国系の人が使っています。

スポンサーリンク

タケノコハクサイは草丈が50?60センチくらいになり、

かたくよく結球します。

 

タケノコハクサイの栄養的には、

カロチン、ビタミンC、カリウム、
カルシウムなどが
含まれています。

タケノコハクサイを漬物にすると

甘みやぬめりがあってうまみがあります。

タケノコハクサイの繊維は少しかたいのですが、

そのためにうま煮や油いためにすると
形が崩れずコクのあるよい味が出ます。

タキイ交配 プチヒリ タケノコハクサイ    タキイ種苗のミニハクサイ種です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
白菜の育て方 野菜の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました