初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ほうれん草の育て方

ほうれん草の原産地|東洋種と西洋種の違い

投稿日:

IMG_1369.JPG
ほうれん草は、寒さに晒すことで甘みが増し、美味しくなります。
そういったほうれん草の性質のため、少し前までは、
ほうれん草は、冬の野菜として、冬にしか食べられない野菜でした。
しかし、今は、1年中、ほうれん草を見掛けます。
これは、どうしてなのでしょうか?
少し時代は遡りますが、ほうれん草の原産地は、カスピ海沿岸。
ほうれん草に近い野生種が2種類自生していると言われる地域です。
イランは、日本よりも古くからほうれん草の栽培が盛んで、
そこから、アラビア、北アフリカ、スペイン、ヨーロッパ全土に。
東は、ネパール、中国へと渡りました。
ヨーロッパで広まったほうれん草は、西洋種と呼ばれるもので、
中国で広まったほうれん草は、東洋種と呼ばれるものです。
日本へはその後、中国より広まったと言われています。
この東洋種は、寒さに晒すことで甘みが増すほうれん草ですが、
西洋種と交配種を作ることで、春や夏の栽培でも、美味しい、
ほうれん草が収穫できるようになったというわけです。
東洋種は、味が良い特徴がありますが、日が長くなると、
花茎が伸び、とう立ちしてしまうデメリットがあります。
同時に、葉が固くなるため、味も落ち、春夏の栽培に不向きとされてきました。
西洋種は、あくが強くて、味は東洋種の方が上だと言われますが、
ヨーロッパでも育てられるよう、とう立ちしにくいほうれん草に改良されています。
この2つを交配したからこそ、今のほうれん草は、春も夏も、
美味しいものが収穫できるようになったのです。
現在、純粋な東洋種は、日本であまり見かけなくなったとも言われます。

スポンサーリンク

-ほうれん草の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ほうれん草の育て方・栽培方法

ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、 江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。 ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種 …

no image

ほうれん草の花が咲く時期|春まき、夏まきはとう立ちしやすい

ほうれん草は、日の長さが、12?16時間以上になると、 育て始めてから、約15日ほどで、花芽が形成されます。 その後は、花茎が伸びて花が咲きます。 これを、「とう立ちする」「抽だい」と言います。 日の …

no image

ほうれん草の種まきの時期|生育適温は10~20℃

ほうれん草は、非常に寒さに強い性質を持つ野菜です。 日本の辛い冬も乗り越えられる野菜ですが、その寒さへの強さは、 シベリアの寒地でも、栽培、収穫ができるほどだと言われます。 ほうれん草の生育適温は、1 …

家庭菜園 ホウレンソウ

ほうれん草に適した土壌pH|酸性土壌をとても嫌う野菜

ほうれん草の栽培の注意点は、5つです。 甘みのある、美味しいほうれん草を栽培、収穫するためにも、 栽培のポイントに注意しながら、栽培してみてください。 スポンサーリンク スポンサーリンク

no image

ほうれん草の収穫の時期とタイミング|目安は草丈が20センチ以上

■ほうれん草は、ベタ掛け資材を利用して育てる 種まき後は、まだ小さい苗を保護するため、発芽を安定させるため、 害虫や、雨の影響から守るため、ベタ掛け資材を利用します。 気温の割と低い時期の栽培であれば …

カテゴリー

最近のコメント