初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

イチゴの育て方

イチゴのビタミンCと健康効果

投稿日:

いちごは、毎日10粒食べるだけで1日に必要なビタミンCを補えると言われています。
女性には非常に嬉しい、シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の、
合成を抑える効果や、お肌のハリや弾力を支える、コラーゲンの生成を促すなどの、
美容効果が得られますので、進んで食べていただきたい食材だと言えます。
また、母乳を与えている方にも注目されている葉酸が含まれているなど、
非常に健康効果が高いことでも知られていますので、是非、
家庭菜園で育て、毎日のデザートや、毎朝のフルーツとして取り入れてみてください。
■石垣いちごとは?
石垣いちごが誕生したのは、明治30年頃のことだと言われています。
場所は、静岡県にある久能山のふもとの集落であり、最初は、
石垣のそばで育てたことにより、その性質に気付いて広まったとされています。
石垣いちごは、他のいちご栽培よりも、生長が非常に早く、実がなりやすいです。
その理由は、石垣が直射日光を受けることで保温効果が得られ、
いつも地温を高めることができるということ。
また、静岡県の久能山付近は、割と冬でも温かい気候であり、
石垣であるため、霜による被害に遭わないということがポイントとなっています。
いちごの受粉後、実を育てるには最低でも7度程度の温度が必要ですから、
石垣いちごが成立するのも、理由があると言えますね。
現在も、この地域はいちご栽培が盛んであり、「いちご街道」と呼ばれる、
いちご栽培の盛んな地域があるほどです。

スポンサーリンク

-イチゴの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イチゴの原産地と日本での歴史|石器時代から食べられていた?

もともと、そのあたりに自生していたとされる野生のいちごは、 石器時代の頃から食べられていたと言われ、非常に歴史が古いです。 しかし、今のような、さまざまないちごの品種が出始めたのは、 まだまだ最近であ …

no image

イチゴの植え付け時期|地上にクラウンが出る程度を厳守

イチゴは、家庭菜園向きではないと言われているものの、 小さなお子さんからその味を楽しむことが出来るため、家庭菜園では人気が高いと言えます。 しかし、苗作りからはじめるとなると、実に1年近くも栽培期間が …

no image

イチゴの手入れ|春のアブラムシやダニに注意

イチゴは一般的に秋頃の植え付けとなりますが、基本的に春を迎えるまでは水を適量あげておけば、特にお手入れをする事なく生育期を迎えます。 しかし春になるとハダニやアブラムシといった害虫がつきやすくなるため …

no image

イチゴの育て方|いろいろな品種を家庭菜園で楽しむ

小さな子どもも大好きなイチゴ。お子さんのためにイチゴを栽培している方も少なくありません。最近は、色々な種類のイチゴが店頭にならんでいますが、それと同じように様々な品種のイチゴの苗が販売されています。 …

no image

イチゴの育て方|簡単家庭菜園でいちご栽培

イチゴが出回る季節と言うとクリスマスシーズンが思いつきますが、実は本当の収穫時期は5月?6月だということを知っていましたか? スーパーなどでは、クリスマスシーズンに合わせて12月頃よりイチゴを良く見か …

カテゴリー

最近のコメント