初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

イチゴの育て方

イチゴの手入れ|春のアブラムシやダニに注意

投稿日:

イチゴは一般的に秋頃の植え付けとなりますが、
基本的に春を迎えるまでは水を適量あげておけば、特に
お手入れをする事なく生育期を迎えます。

しかし春になるとハダニやアブラムシといった害虫がつきやすくなるため
お手入れにも気を使わなければならない時期となります。

IMG_1195.JPG

5?6月に収穫を終えたイチゴは葉っぱなどを全て取り除き、
水やりだけは忘れずに行なっていきます。

するとランナーと呼ばれる白い茎のようなものが徐々に伸び、
子株を増やし始めます。

株を増やすにはこのランナーを切り取り、根っこを痛めないよう
注意しながら子株を掘り、最初に植えつけた方法で、
別の場所へ植え付けていくだけです。

スポンサーリンク

最初の親株となったものは、徐々に元気がなくなるため、
毎年この作業を行うことで、イチゴの株数を保つことが出来ます。

イチゴの歴史は江戸末期に遡ります。
その頃、オランダから長崎にイチゴが伝えられたのだそうです。

日本のイチゴというと、アイベリーやとよのか、女峰といった
甘みが強く、酸味の少ないイチゴが一般的だと思いますが、
アメリカのイチゴは酸味が強く、とても生食には向かないのだそうです。

そのため、イチゴを生食で食べている国のトップは日本です。
アメリカなどでは、イチゴジャムなどに加工し消費するのが
一般的なようです。

秋頃になると、ホームセンターや園芸店・通販サイトなどで
様々な品種のイチゴの苗が販売されます。

特に通販などでは、病気に強く育てやすいとされるカレンベリーや、
ピンク色をしたイチゴ、ももみなどのイチゴの苗も販売されるので
普段スーパーでは買うことの出来ないイチゴを育てることも出来ます。

スポンサーリンク

-イチゴの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イチゴの育て方|簡単家庭菜園でいちご栽培

イチゴが出回る季節と言うとクリスマスシーズンが思いつきますが、実は本当の収穫時期は5月?6月だということを知っていましたか? スーパーなどでは、クリスマスシーズンに合わせて12月頃よりイチゴを良く見か …

no image

イチゴの育て方|いろいろな品種を家庭菜園で楽しむ

小さな子どもも大好きなイチゴ。お子さんのためにイチゴを栽培している方も少なくありません。最近は、色々な種類のイチゴが店頭にならんでいますが、それと同じように様々な品種のイチゴの苗が販売されています。 …

no image

イチゴの原産地と日本での歴史|石器時代から食べられていた?

もともと、そのあたりに自生していたとされる野生のいちごは、 石器時代の頃から食べられていたと言われ、非常に歴史が古いです。 しかし、今のような、さまざまないちごの品種が出始めたのは、 まだまだ最近であ …

no image

イチゴのビタミンCと健康効果

いちごは、毎日10粒食べるだけで1日に必要なビタミンCを補えると言われています。 女性には非常に嬉しい、シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の、 合成を抑える効果や、お肌のハリや弾力を支える、コラー …

no image

イチゴの苗の選び方|ウイルスフリー苗とは

美容にも、健康にも良いとされるいちごは、大人も子供も大好きで、 家庭菜園でも、特に人気のある作物です。 今日はそんないちごの、栽培ポイントについてまとめました。 ■いちごの苗の選び方 いちごは、苗から …