初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

イチゴの育て方

イチゴの旬はいつ?|

投稿日:

クリスマスケーキと言えば、大きないちごの乗った物を思い浮かべますが、
クリスマスの時期は、いちごの旬な時期とは正反対の時期です。
いちごの旬は、5月?6月頃、冬の寒さを感じてこそ、覚醒すると言われています。
でも、今の日本ではクリスマスケーキにいちごが乗っているように、
いちごの食べられない時期はなく、クリスマスケーキ=いちごだと、
誰もが思い浮かべるのではないでしょうか?
その答えは、夏の間に低温に当てることでできたいちごがあるというところにあります。
今より、栽培の工程の整っていなかった昔は、夏に富士山の麓など、
高冷地にいちごを運んで、花芽を分化させた後、平地で育てる方法が取られていました。
この方法を用いれば、クリスマスの時期に取れるいちごが出来上がり、
いちごを、1年中楽しむことができるようになりました。
しかし、最近では高冷地に移動させずに、いちごの栽培温度を人工的に変え、
いちごに季節を勘違いさせる方法が取り入れられています。
主に使われる方法としては、夏場に寒い冷蔵庫の中で管理する方法があります。
こうすることで、12月もいちごを購入することができ、クリスマスケーキにも、
大きないちごを乗せることができるようになっているのです。
手間こそ掛かりますが、クリスマスケーキによって、12月はいちごの需要が高まり、
本来の旬である初夏頃よりも、市場価値がグンと上がりますから、
手間を掛けてまでも、栽培するメリットがあると言われています。

スポンサーリンク

-イチゴの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イチゴの品種の種類と健康効果

「女峰(にょほう)」や「とちおとめ」は、栃木県で主に作られるいちごです。 「あまおう」「とよのか」は、福岡県で主に作られているいちごの品種名で、 東西でいちごの栽培地域の主力、品種が変わってきます。 …

no image

イチゴのビタミンCと健康効果

いちごは、毎日10粒食べるだけで1日に必要なビタミンCを補えると言われています。 女性には非常に嬉しい、シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の、 合成を抑える効果や、お肌のハリや弾力を支える、コラー …

no image

イチゴの育て方|いろいろな品種を家庭菜園で楽しむ

小さな子どもも大好きなイチゴ。お子さんのためにイチゴを栽培している方も少なくありません。最近は、色々な種類のイチゴが店頭にならんでいますが、それと同じように様々な品種のイチゴの苗が販売されています。 …

no image

イチゴの植え付け時期|地上にクラウンが出る程度を厳守

イチゴは、家庭菜園向きではないと言われているものの、 小さなお子さんからその味を楽しむことが出来るため、家庭菜園では人気が高いと言えます。 しかし、苗作りからはじめるとなると、実に1年近くも栽培期間が …

no image

イチゴの原産地と日本での歴史|石器時代から食べられていた?

もともと、そのあたりに自生していたとされる野生のいちごは、 石器時代の頃から食べられていたと言われ、非常に歴史が古いです。 しかし、今のような、さまざまないちごの品種が出始めたのは、 まだまだ最近であ …