初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ネギの育て方

根深ネギの追肥の時期と土寄せのやり方

投稿日:

夏の厳しい暑さの頃に植えた根深ネギは、徐々に涼しくなることで、
高さ、太さともにぐんぐん生長していきます。
最も、生長するのは9月下旬?10月頃です。
この生長期の管理をしっかりすれば、形が良く、品質の高い、
根深ネギを収穫することが出来ます。
この頃に必要な主な管理は、追肥と土寄せの作業です。
追肥は、生育中期頃までに重点的に、生長をサポートするために与え、
土寄せは、それ以降の生育後期に行うのがポイントです。
早いうちより土寄せをはじめてしまうと、根深ネギは軟弱化して、
その後の生長が悪くなってしまうこともありますので、注意してください。
1回目、2回目の追肥は、植え溝のところに肥料を施します。
軽く上の土と混ぜながら、溝に落とすようにして追肥を行なっていきます。
葉鞘部は、埋めないように気をつけてください。
3回目以降の追肥は、ネギの姿として大きく育っている頃ですので、
葉の付け根付近まで土が被さるように土寄せの作業も行います。
こうすることで葉鞘部の日当たりを予防し、白く柔らかくします。
土寄せ後、完全に軟白するまでは、約1ヶ月?1ヶ月ちょっとかかります。
そのため、収穫予定日より遡って土寄せの作業を計算すると良いかと思います。
年末頃、収穫を迎えたい場合は、最後の土寄せを11月下旬とします。
こうすることで年末に軟白した、根深ネギを収穫することが出来ます。
また、この時のポイントとして緑色の葉まで少し埋まるように、
隙間なく土を寄せてあげることが大切です。

スポンサーリンク

-ネギの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ネギの原産地と日本での歴史

日本の家庭料理には欠かせないネギ。 ネギといっても、さまざまなものがありますが、もともとは、 中国の西部で生まれたもので、欧米では、リーキや、 チャイブなどが育てられています。 そんなネギと日本の歴史 …

no image

家庭菜園での葉ネギの栽培のポイント|家庭菜園初心者の方にもおすすめの野菜

ネギには、大きく分けて根深ネギ(白ネギ、長ネギ)と、 葉ネギ(九条ネギなど)があります。今日は、その中から、 葉ネギの栽培ポイントについてまとめました。 ■葉ネギは、酸性土壌を嫌うので、酸度調節が必須 …

no image

葉ネギの栽培時期|栽培開始は、3月下旬?4月上旬頃

葉ネギは、京都で盛んの京野菜、九条系が良く見られる品種です。 そういった九条ねぎなどのネギは、長さ60センチ程度、 根の太さが1センチ程度の時に収穫するのが一般的です。 葉ネギの栽培開始は、3月下旬? …

no image

家庭菜園での白ネギの育て方|上級者向けの野菜

白ネギ、長ネギと呼ばれる根深ネギは、土寄せの作業を行い、 軟白部を伸ばして行く必要性があるため、家庭菜園の中でも、 上級者向けの野菜と言えるかも知れません。 生育適温は15?20度ほどです。 花芽の分 …

no image

家庭菜園での根深ネギの栽培のポイント|土寄せのタイミング

根深ネギの栽培のポイントは、まず、苗を植え付ける時の 土作りに、石灰や肥料を使わないということが挙げられます。 畝の中央には、大体深さ20センチほど、幅15センチほどの溝を作り、 その中で育てていきま …

カテゴリー

最近のコメント