初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の1年間の栽培作業計画

家庭菜園での6月の作業|病害虫も増えてくる時期です

投稿日:

6月は梅雨の時期であまり好きではない人も多いかと思いますが、
この時期にぐんぐん生長する野菜も多いです。

しかし、徐々に暖かくなってくると病害虫も増えてきています。
家庭菜園の様子は毎日チェックするようにし、
異変にはすぐに気付けるようにしておきましょう。

■6月の家庭菜園にするべき事

病害虫の駆除対策や薬剤の散布などが必要な時期です。
うどんこ病や灰色かび病、ナメクジなどに注意しましょう。

6月は適度な湿度と温度を保てる季節でもあります。
切り戻しをかねてさし芽などを行うのに非常に良い条件だと言えます。

発根率をあげるためにも赤玉土小粒やバーミキューライトなど、
未使用の清潔な用度を使うと良いかと思います。

スポンサーリンク

■6月は家庭菜園のお手入れが特に忙しくなります

さつまいもの植え付け・カリフラワーやブロッコリーなどの
種のまき時を迎えます。

またイチゴは株からツルを出して、新芽を掘り取り、
苗場に仮植えを行いましょう。

ウリなどは葉っぱを5?6枚を1セットとし、しんをとめます。
小枝も3?4本出し、小枝の葉っぱを15枚1セットとし、しんをとめます。
こうすることで、孫枝に結実させることが可能です。

トマトのお手入れとしては花の塊が5段ほどになったら
芽先をつまんでシンをとめます。
脇芽はどんどん取るようにしましょう。

その他、インゲン・枝豆・トウモロコシのお手入れ、
ジャガイモ・サトイモなどの根菜類のお手入れも必要となります

スポンサーリンク

-家庭菜園の1年間の栽培作業計画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園での11月の作業|収穫の秋で大忙しの楽しい季節

11月はこれまでに種をまいたり、植えた野菜が続々と収穫できる楽しい季節です。 寒くなってくる時期でもあるので防寒対策などの作業もしておきましょう

no image

家庭菜園での3月の作業|霜の害にならないよう注意

3月というと春を感じさせる季節でもありますが、まだ寒暖の差は激しく、寒い日には暖房も必要となります。 東北や北海道などでは、まだ雪も残る季節かと思いますが、これからの天候や日差しによって家庭菜園の野菜 …

野菜つくり

家庭菜園での5月の作業|夏野菜の苗を定植しよう

ゴールデンウィークを過ぎた頃になると、 段々気候も安定して、暖かく感じるようになってきます。 私たち人間と同じように植物も育ちやすい環境が 徐々に整ってきます。 スポンサーリンク 夜は比較的まだ寒いと …

no image

家庭菜園での10月の作業|長い雨も続かず、秋晴れとなっている時期に作業を

家庭菜園で10月はどんな作業をしたらよいのでしょうか? 10月は秋晴れが続く、作業のしやすい季節です。 ホウレンソウや小松菜の種まき、キャベツ、ブロッコリー、ハクサイの植え付けや手入れをしましょう

家庭菜園 ホウレンソウ

家庭菜園での4月の作業|本格的に野菜作りをはじめよう

4月になると気温も徐々にあがってきていよいよ本格的な家庭菜園シーズンとなってきます。栽培できる野菜もたくさんあります。ただ4月の上旬ですと野菜の種類によっては早すぎるものもありますので注意しましょう。早く植えすぎると強風や遅霜によって生育が悪かったり、枯れてしまうこともあります。