イタリアントマトを上手に作るための支柱栽培と地這い栽培の違い

gum03_ph05004-s.jpg

イタリアントマトを家庭菜園で育てる前に
品種による栽培方法の違いを知っておくことが重要です

トマトの品種には芯止まりと非芯止まりのものがあります
一般に栽培されているのは非芯止まりの品種です

非芯止まりの品種は頂芽(一番上の芽)もわき芽(葉のわきから出てくる芽)も
伸び続ける性質をもっています

非芯止まり性の品種を育てる場合はわき芽をすべて取り除き、
頂芽をずっと伸ばして支柱に誘引して育てます
これが支柱栽培です

cameraroll-1304816714.081868.jpeg

支柱栽培のメリットは高品質のトマトを長期間収穫できることで
デメリットは栽培に手間がかかることです

支柱栽培に適したトマト品種

これに対して芯止まり性の品種は頂芽もわき芽も
ある程度の長さまで伸びると生育が止まる性質をもっています

そのため芯止まりのトマト品種は
芽かきや誘引をしない地這い栽培で育てます

IMG_1032.JPG

地這い栽培のメリットは栽培に手間がかからず一気に収穫できることですが
デメリットは長期間の収穫ができないことです

地這い栽培に適したトマト品種

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
トマトの育て方 野菜の育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました