初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ナスの育て方

ナスの栽培ポイントまとめ1|生育適温に合わせて育てることが重要

投稿日:

ナスは、食卓にも並べやすく、収穫・食べることが目的となる、
家庭菜園にはぴったりの野菜だと言えます。
お漬物、お味噌汁、炒めもの、パスタ、麻婆茄子など、
和洋中、何にでも合わせられるというのは、主婦にとって嬉しいですよね。
今日はそんなナスを家庭で育てる時のポイントについてまとめました。
■ナスは、生育適温に合わせて育てることが重要!
ナスの苗の植え付けは、5月のゴールデンウィーク頃に行います。
生育適温が28度?30度と、高温を好むナスは、充分に暖かくなった頃に
植え付けを行うというのが最大のポイントです。
ちなみに、種から育て始めることもできますが、寒い時期の育苗となり、
大変難しい作業となりますから、市販の苗を購入するのが1番です。
■連作障害の起きにくい接木苗の選び方
接木苗は、接木した部分がしっかりと接合されていることを確認し、
茎が太く、葉の緑が濃く厚いものを選んでください。
また、苗の植え付けは1番花咲き始め頃が適期です。
■苗の植え付け時には、マルチングで地温を高めることが必要!
高温好きなナスは、苗の植え付けと同時に、マルチングを行い、
地温を高めてあげると、生長がとても良くなります。
植え付けの数日前には、地温を高める効果のある、
黒色のマルチングを畝全体にはり、充分に温めておくと良いでしょう。
また、黒色のマルチングは、土の乾燥防止や、雑草防止など、
地温を高める以外の効果も期待できます。
忘れずに、植え付け前に準備しておいてください。

スポンサーリンク

-ナスの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 ナス

ナスの種まき|家庭菜園でのおいしいナスの育て方

苗半作といわれるほど、健康で丈夫な苗を作ることが、 定植したあとの順調な生育、収穫につながります 種まきの後は十分な温度と水分が重要です とくにナス科の野菜は寒さに弱いので、 2?3月にナスの種まき・ …

ピーマン 苗

春にまく野菜の発芽までの日数と適温

春に種をまく野菜 ナス、ミニトマト、ピーマン、リーフレタス、枝豆、とうもろこしの種をまいてからの発芽日数、最適発芽温度を紹介します。温度によって発芽までの日数がかわりますので、寒い時期は加温や保温をしてやらないと発芽までの日数がかかることになります。

no image

ナスがたくさん収穫できる栽培管理のコツ|追肥して株の勢いを維持しよう

6月になると、ナスは生育が旺盛となります。紫色のナスの色はツヤもあり、形もナスらしい良い形となりますが、この時期のお手入れを怠るとすぐに、ナスは老衰してしまいます。 ナスが老衰してしまうと、株の勢いは …

no image

ナスの色と健康効果|紫色はナスニン色素

ナスの色は、紫色、黒紫色というのが一般的です。 しかし、数あるナスの品種の中には、白いナスのなる「シロナス」や、 黄緑色のナスのなる「アオナス」などがあります。 この白いナスは、特に欧米の地方で好まれ …

家庭菜園 ナス

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

野菜はいくつかの科に分類されます。ナスはナス科なのですが、ほかにもトマト、ピーマン、ジャガイモなどもナス科になります。科によって特性が似ていたり、かかりやすい病気も似ていたりします。同じ科の野菜を続けて栽培すると生育が悪かったり、病気にかかりやすくなったりすることがあります。これを連作障害といいます。

カテゴリー

最近のコメント