初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方

キュウリの整枝方法|花のつき方によって節成りなどの種類が分けられる

投稿日:

■キュウリの整枝方法
キュウリは、花の付き方によって種類が分けられます。
その種類というのは、節成型、飛び節成型、中間型の3つです。
それぞれ整枝の方法が変わってきますので、注意してください。
・節成型の整枝方法
節成型は、主枝の節1つ1つに雌花がつく性質があります。
ラベルにも「節成」や「1本立ち」といった表記がされますので、
こちらも確認してみてください。
この節成型はいわゆる春キュウリと呼ばれるもので、
主枝1本を大きく伸ばし、下から5節ほどまでの脇芽は全て摘み取る方法を用います。
また、それ以上の子蔓・孫蔓は、摘芯します。
・飛び節成型の整枝方法
生育もはじめの頃は、雄花と雌花のつくものが混在しますが、
その後は、雌花のみがつくようになるのが飛び節成型の特徴です。
夏の暑い季節にも強い夏キュウリとなるこの型のキュウリは、
「飛び節成型」や「3本立ち」といった表記で市販されます。
主枝となる親蔓の下から4節までは脇芽を全て摘み取ります。
また、7節目にて摘芯して、3本の子蔓を伸ばすように育てるようにします。
孫蔓は、1節目に必ず雌花がつく性質となりますので、
2節目で摘芯することも忘れないようにしましょう。
・中間型の整枝方法
生育初期?最後まで、雌花・雄花が混在する性質が中間型です。
夏秋品種のキュウリはこの中間型に属します。
親蔓の雌花のついた節より、子蔓が発生し、雌花をつけるので、
2節目で全部摘芯するようにします。
主枝となる親蔓は、支柱の高さに応じて摘芯するようにしてください。

スポンサーリンク

-キュウリの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キュウリの鮮度の見分け方|ポツポツとしたいぼに注目

キュウリは、温室にて促成栽培や、抑制栽培が行われています。 そのため、四季を問わず、スーパーで購入することができます。 しかし、こういった方法は、はるか昔から行われてきたようです。 ■古代ローマ、中国 …

no image

キュウリは支柱栽培がおすすめ|キュウリの育て方まとめ

キュウリは、収穫までの期間が短く、初心者でも育てやすいです。 しかし、美味しいキュウリを育てるためには、病気への対策をとるなど、 適切な管理をすることは重要です。 今日は、そんなキュウリの栽培ポイント …

no image

キュウリの収穫のタイミング|大きくなりすぎるならミニキュウリの選択もあり

みずみずしくて、黄色い可愛い花を咲かせて、 緑のカーテンにもなる人気者のきゅうりですが、 実はすごく品種がたくさんあります。 ホームセンターに行って、きゅうりの苗を探すと、 種類が豊富すぎて迷ってしま …

no image

ウリハムシには被服資材を使う|ウリ科の葉を丸くかじる害虫

↑ウリハムシ スポンサーリンク キュウリの苗が小さい時にウリハムシの被害に遭いやすいです薄手の被服資材をトンネルがけしておくとウリハムシの侵入を防げます キュウリの樹がトンネルに当たるようなくらい大き …

no image

キュウリの支柱立て栽培|誘引や摘芯作業も重要

キュウリは、最も生育が盛んな頃には1日に10センチほども、伸びる野菜として知られています。 そのため、誘引や摘しんなど管理が大変な野菜でもあります。子蔓、孫蔓も伸びていくものとなりますので少し放置して …

カテゴリー

最近のコメント