キュウリの表面の白い粉って何?|家庭菜園ではブルームキュウリが生食に向いている

「黄色い瓜」という事が名前の由来にもなっているキュウリは、
ウリ科・キュウリ属に属する野菜で、今やサラダなどにならなくては
ならない存在としても知られています。

そんな私たちの食卓にも馴染みのあるキュウリの由来は、
上記の通り「黄色い瓜」⇒「黄瓜」⇒「キュウリ」となっていますが、
食べているのは、緑のものですよね。

実は元々、キュウリは今の緑の段階よりも熟した黄色い状態で、
食べられたいたからなのです。

中国西域より持ち込まれたヒマラヤ原産のキュウリは漢字で書くと、
「胡瓜」。この「胡」という字は、中国西域を意味してるのだといいます。

このように世界中で食べられているキュウリの種類は500以上あり、
大きく分けると、黒イボ系・白イボ系に分けることが出来ます。

流通量は少ないですが、イボが大きくハッキリとした四葉キュウリは、
歯切れが良く美味しい品種の1つです。

IMG_1611.JPG

しかし、この四葉キュウリは細菌がイボに繁殖しやすいため、
イボのない品種も出回っています。

スポンサーリンク

■ブルーレスとブルーム、白い粉による違いについて

他のウリ科の作物にも含まれているケイ素を含む物質がブルームです。
キュウリの表面に付く白い粉のことで、見栄えが悪い・農薬に見えるなど
の理由から、最近ではブルーレスが主流です。

ブルーレスは白い粉がないものをさしますが、ブルームと比べ、
日持ちが良いというメリットがあるものの、歯切れが悪く、皮が固く、
生食に適さないとも言われています。

耐病性の強いカボチャに接木して栽培することの多いキュウリは、
こうすることで病気にかかりにくくしているのですが、接木をしないと、
白い粉のあるブルームキュウリとなります。

接木をした場合は、カボチャの種類によってブルーム・ブルーレス、
どちらのキュウリもつくることが出来ることが分かっています。

見た目の問題を考えないのであれば、ブルームキュウリの方が、
生食に向いているので、お勧めと言えます。

⇒次へ 夏バテ防止にキュウリはいかが?

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
キュウリの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました