初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

キュウリの育て方

キュウリの表面の白い粉って何?|家庭菜園ではブルームキュウリが生食に向いている

投稿日:

「黄色い瓜」という事が名前の由来にもなっているキュウリは、
ウリ科・キュウリ属に属する野菜で、今やサラダなどにならなくては
ならない存在としても知られています。

そんな私たちの食卓にも馴染みのあるキュウリの由来は、
上記の通り「黄色い瓜」⇒「黄瓜」⇒「キュウリ」となっていますが、
食べているのは、緑のものですよね。

実は元々、キュウリは今の緑の段階よりも熟した黄色い状態で、
食べられたいたからなのです。

中国西域より持ち込まれたヒマラヤ原産のキュウリは漢字で書くと、
「胡瓜」。この「胡」という字は、中国西域を意味してるのだといいます。

このように世界中で食べられているキュウリの種類は500以上あり、
大きく分けると、黒イボ系・白イボ系に分けることが出来ます。

流通量は少ないですが、イボが大きくハッキリとした四葉キュウリは、
歯切れが良く美味しい品種の1つです。

IMG_1611.JPG

スポンサーリンク

しかし、この四葉キュウリは細菌がイボに繁殖しやすいため、
イボのない品種も出回っています。

■ブルーレスとブルーム、白い粉による違いについて

他のウリ科の作物にも含まれているケイ素を含む物質がブルームです。
キュウリの表面に付く白い粉のことで、見栄えが悪い・農薬に見えるなど
の理由から、最近ではブルーレスが主流です。

ブルーレスは白い粉がないものをさしますが、ブルームと比べ、
日持ちが良いというメリットがあるものの、歯切れが悪く、皮が固く、
生食に適さないとも言われています。

耐病性の強いカボチャに接木して栽培することの多いキュウリは、
こうすることで病気にかかりにくくしているのですが、接木をしないと、
白い粉のあるブルームキュウリとなります。

接木をした場合は、カボチャの種類によってブルーム・ブルーレス、
どちらのキュウリもつくることが出来ることが分かっています。

見た目の問題を考えないのであれば、ブルームキュウリの方が、
生食に向いているので、お勧めと言えます。

⇒次へ 夏バテ防止にキュウリはいかが?

スポンサーリンク

-キュウリの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 キュウリ

キュウリの育て方・栽培方法|みずみずしい風味が特徴の夏野菜

キュウリの育て方・栽培のポイント 夏場の土壌乾燥を防ぐ 肥料切れをおこさないようにする スポンサーリンク キュウリはとくに水をたくさん必要としますので 乾燥には十分気をつけてください。 スポンサーリン …

no image

キュウリは支柱栽培がおすすめ|キュウリの育て方まとめ

キュウリは、収穫までの期間が短く、初心者でも育てやすいです。 しかし、美味しいキュウリを育てるためには、病気への対策をとるなど、 適切な管理をすることは重要です。 今日は、そんなキュウリの栽培ポイント …

no image

夏バテ防止にキュウリはいかが?|カリウムや水分補給に最適な夏野菜

キュウリはサラダやお漬物など私たち日本人の食卓には欠かせない野菜の1つですが、あまり栄養価は高くないと言われています。 何故ならば、キュウリは9割以上が水分で出来ているからです。しかし、夏野菜や果物は …

no image

キュウリの支柱立て栽培|誘引や摘芯作業も重要

キュウリは、最も生育が盛んな頃には1日に10センチほども、伸びる野菜として知られています。 そのため、誘引や摘しんなど管理が大変な野菜でもあります。子蔓、孫蔓も伸びていくものとなりますので少し放置して …

no image

家庭菜園きゅうりの定植|根を傷つけないように植えつけしよう

きゅうりを定植する前には必ず苗をポットごとバケツの水につけ、根鉢をたっぷり湿らせます きゅうりの根を傷つけないように根鉢は崩さず、やや浅植えにします仮支柱は根鉢から離して地面にさしておきます きゅうり …

カテゴリー

最近のコメント