初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

白菜の育て方

白菜の日本での歴史|カブ、コマツナ、チンゲンサイはハクサイの仲間

投稿日:

ハクサイは、キムチにお漬物、炒めものに、鍋物。
日本の食卓には欠かせない野菜の1つとして、知られていますが、
ハクサイの歴史はまだ浅く、日本には明治頃に入ってきたとされています。
八宝菜にも使われているように、元々は中国で発達した野菜で、
中国より日本に輸入されました。
その後、明治になって日清戦争が起こり、それをきっかけとして、
ハクサイが日本でも広まるようになりました。
植物学の上で言えば、ハクサイは、カブや、アブラナ、コマツナ、
チンゲンサイなどと同種とされています。
特に、カブとチンゲンサイは、ハクサイの祖先であるとこも言われていますが、
丸く結球するハクサイそのものは、中国で生まれたとされています。
野生のものの中で、葉が結球するようなハクサイの祖先は見つかっていないためです。
ちなみに、アブラナは地中海沿岸や、北、東ヨーロッパ、
中央アジア、ロシアあたりに自生していたとされていますが、
ハクサイ自体は、ヨーロッパなどでは、あまり利用されていないようです。
しかし、同じアブラナ科であるキャベツは、ヨーロッパでの品種改良が進み、
さまざまな料理に使われています。
特に、冬場の鍋物には、ハクサイのシャキシャキとした美味しさが、
欠かせませんよね。一度にたくさんのハクサイを食べることもできるので、
野菜不足の日本には、ハクサイは欠かせないものと言えると思います。
是非、家庭菜園でもハクサイを育て、冬場の食卓に並べてみてください。

スポンサーリンク

-白菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ハクサイの結球|白菜はなぜまくのか?

白菜は本葉が出はじめると 中心から次々と新しい葉が出てきます。 新しい白菜の葉は増えてきますが、 白菜の茎は長くならないので葉の数が、 多くなるほど重なり合うようになり、 新しく出た内側の白菜の葉は …

no image

白菜の種まき|おいしいハクサイの育て方

白菜の種はうね幅100センチなら1条まき、うね幅120センチなら2条まきにします株間の目安は50?です スポンサーリンク 1か所に4?5粒ずつまいて薄く土で覆ったあとにたっぷり水をあたえます 種のまき …

no image

ハクサイの種まき時期|家庭菜園では秋まきがおすすめ

家庭菜園で大きなハクサイを作るコツは、結球までに、 葉の枚数を確保し、株を充分に育てておくことが大切です。 見事なまでに大きく結球したハクサイは、その重みも感じられ、 収穫に喜びを感じれることと思いま …

no image

ハクサイ(白菜)の寒さ対策|白菜を長く上手に楽しむ方法

家庭菜園の防寒対策は万全でしょうか? 冬越しする葉菜類では 園芸用の不織布をベタ掛けしたり、 弱い霜を防ぐだけなら、寒冷紗をベタ掛けするか、 トンネル掛けすることで防げます。 ハクサイ(白菜)の収穫も …

no image

白菜の栽培のポイントまとめ|水はけの良い場所で育て、根腐れを予防する

大きく育ったハクサイの収穫は、非常に重みがあり、 収穫の達成感を感じます。そんなハクサイを大きく育てるポイントを、 いくつか紹介します。 ■連作障害に注意!病気にならないように、予防する ハクサイは、 …