初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

カブの育て方

カブの収穫のタイミングと連作障害対策

投稿日:

カブは、収穫が遅れると、根が肥大し過ぎてす入りします。
また、根が二股に分かれてしまうこともありますので、
小カブの場合、根の直径が約5センチほどになったら、
大カブの場合、直径が約10?15センチほどになったら、収穫を行います。
品種によっても多少違いがありますので、それぞれの品種に合わせ、
採り遅れないように心がけましょう。
また、収穫後に葉を残したままにすると、水分が蒸散されるため、
収穫後はすぐに葉を取って、新聞紙などに包んで保管するようにします。
カブの生育中に気を付けたいのは、根こぶ病です。
根こぶ病とは、土の中にあるカビによって、根にこぶのようなものが出来る土壌病害です。
1度発生した場合、カブと同じアブラナ科の野菜にできやすくなります。
そのため、育てる前は畑の水はけを良くしておくこと、
カブの土壌酸度に合わせた土づくりを行うことがポイントです。
また、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、
コマツナなどの他のアブラナ科野菜を育てた場所で育てると、
この根こぶ病も発生しやすくなりますので、別の場所で育てましょう。
これは、カブを育てた畑に、アブラナ科野菜を育てる時も同様です。
なるべく、連作にならないよう、上手く畑の輪作設計を立ててみてください。
また、根こぶ病に抵抗のある「CRもちばな」「CR鷹丸」など、
“CR”と名前に付いた品種は根こぶ病に抵抗性のある品種ですから、
それにすれば、ある程度、根こぶ病の発生を予防することができます。

スポンサーリンク

-カブの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カブの育て方・栽培方法

カブ かぶはアフガニスタンあたりか、これに地中海沿岸の南ヨーロッパを加えた地域が原産地と言われています。 ヨーロッパで紀元前から栽培され、今では世界中の温帯地方で広く栽培されています。 日本には、弥生 …

no image

カブの追肥・土寄せ|間引きと同時に追肥する

カブの2回目、3回目の間引きをしたあとそれぞれ条間にまき溝を作って化成肥料を施して土をかぶせます 中カブ、大カブではそのあとの間引き後も追肥をします 小カブの時は300倍?500倍の液体肥料を7?10 …

no image

カブの収穫|意外に根は深い・引き抜く手にも力がこもる

小カブは若どりがよいので、根が直径2?3?に太ったころから間引きする要領で込み合ったところから収穫を始めます 小カブは直径5cmになるまでに収穫を終えます スポンサーリンク 小カブでも「ヒカリカブ」の …

no image

カブの土つくり・畑の準備|よく耕してやわらかくする

カブは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てます カブの根は深くまで伸びるので荒おこしはしっかり行いますできれば30?以上おこしたいです 植えつけの2週間くらい前に苦土石灰と堆肥をまいておきその後元肥 …

no image

カブの種まき|種子は軽く押さえて土で覆う

カブの種まきは品種によって株間や種のまく量を変えていきます 小カブや中カブは2cm間隔で4?5粒を点まきします種に余裕がある場合は間引く数が多くなりますがすじまきでもかまいません 大カブはまき溝をせま …