初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

カブの育て方

カブの種まき|直根性の野菜で直播栽培を行います

投稿日:

地方品種のカブの旬は、晩秋?初冬くらいです。
ダイコンとは、またひと味違った感覚で楽しめます。
昔から、保存食としても良く利用されていましたので、
収穫したカブは、お漬物にして楽しむのも良いと思います。
また、カブは根の部分はもちろん、葉を漬け菜として食べる地方もあります。
根よりも、葉の方が栄養素がたくさん詰まっていますから、
家庭菜園では、根の部分だけではなく、葉も是非味わってみてください。
お味噌汁、スープ、煮物などに適しています。
■カブは直播栽培で育てる
カブは、直根性の野菜で、根の部分が大きく育ちます。
そのため、移植ではなく、種まきから栽培するのがポイントです。
生育の途中で移植するとなると、根が割れやすくなってしまうため、
必ず、直播栽培を行います。
生育に必要な温度は、15?20度ほどです。
暑さや乾燥には非常に弱く、その分、寒さに強い特徴があります。
種まきは、春、夏、秋とできますが、美味しいカブの収穫なら、
病害虫の被害も少なく済む、秋まきがおすすめです。
種まきの後は、不織布を使用したり、寒冷紗、防虫ネットを利用してトンネル栽培にするなど、
害虫の予防対策を行います。
不織布も利用したベタがけは、コナガやアオムシの食害の他、
土の乾燥や、保温効果も高いので、おすすめです。
まだ、小さい苗のうちは特に、発芽の安定性も高まるため、
不織布をベタがけして、幼苗を害虫や、乾燥、気温の低下から守ってあげるようにしてください。

スポンサーリンク

-カブの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

カブの収穫のタイミングと連作障害対策

カブは、収穫が遅れると、根が肥大し過ぎてす入りします。 また、根が二股に分かれてしまうこともありますので、 小カブの場合、根の直径が約5センチほどになったら、 大カブの場合、直径が約10?15センチほ …

no image

カブの種まき|種子は軽く押さえて土で覆う

カブの種まきは品種によって株間や種のまく量を変えていきます 小カブや中カブは2cm間隔で4?5粒を点まきします種に余裕がある場合は間引く数が多くなりますがすじまきでもかまいません 大カブはまき溝をせま …

no image

カブの土つくり・畑の準備|よく耕してやわらかくする

カブは日当たり、水はけのよい場所を選んで育てます カブの根は深くまで伸びるので荒おこしはしっかり行いますできれば30?以上おこしたいです 植えつけの2週間くらい前に苦土石灰と堆肥をまいておきその後元肥 …

no image

カブの間引き|株間は品種によって調整する

カブの1回目の間引き時期は子葉が開ききったころです 密になっている部分や発芽の遅れて小さいカブ、ひょろひょろっと伸びているものなどを間引いて株間を揃えますこのときの株間は1?2cm程度でよいでしょう …

菜の花

アブラナ科の菜の花を料理して楽しむ|キャベツ、カブ、ダイコンの花

キャベツ、カブ、大根、白菜、コマツナなどのアブラナ科野菜は冬を越して暖かくなると、菜の花を咲かせます。 これはとうだちといい、ダイコンではとうだちするとスがはいって中が割れてきたり、味が落ちると言われ …

カテゴリー

最近のコメント