初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

タマネギの育て方

タマネギの肥料と堆肥|多めのリン酸を入れて育てる

投稿日:

食卓にも利用しやすいタマネギ。保存性に優れているので、
家庭菜園には向いている野菜だと言えます。
今日はそんなタマネギの栽培のポイントについて紹介します。
◆元肥には、堆肥と、多めのリン酸を入れて育てる
苗は、晩秋頃に植えつけますが、霜の降りる前が理想です。
冬の厳しい寒さにも耐えられるように、根を充分伸ばしておきます。
そのためにも、元肥が大切です。
植え付け時には、しっかりと堆肥を与えてください。
未熟な有機質であると、腐熟しにくいため、タネバエも発生します。
必ず、完熟堆肥を利用して良く混ぜておきます。
更に、タマネギの耐寒性を増すために、リン酸を多めにします。
化成肥料に加えて、リン酸分の肥料を与えてください。
特に、家庭菜園の土が火山灰土壌の場合は、
酸度が強く、リン酸が吸着してしまいますので、多めが理想です。
◆マルチングで、地温保持、乾燥、雑草対策
植え付け時は、透明のマルチで、乾燥、地温の保持を行います。
春先の雑草対策には、黒色のマルチがおすすめです。
◆太さ6ミリ?7ミリ程度の苗を受け付ける
11月頃になると、園芸店に、タマネギの苗が出回ります。
苗の大きさは、タマネギの生長に大きく関わりますので、
大体太さ6ミリ?7ミリ、草丈30センチ弱ほどの苗を購入します。
苗は、白い葉鞘の部分が見えるように浅植えにします。
その後、株元にしっかり土を押さえて、倒れないようにしておきます。
また、この時期は霜の被害も考えられますので、
足で踏みつけるように株元をしっかりとさせておくと安心です。

スポンサーリンク

-タマネギの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

たまねぎの栽培に適した時期|タマネギを上手に手入れするには?

9月頃に植えつけたたまねぎは、光合成を冬の間に行い、根っこに養分をたくさん貯蔵します。翌年春頃になると、冬に蓄えられた養分と、その時に光合成した養分を使っていきます。 鱗茎と呼ばれる部分に養分を流し込 …

no image

タマネギの苗の植え方と作業のポイント

育苗をしたタマネギの苗は、草丈20?25センチほど、茎の太さが5ミリほど となった頃が植え時の目安となります。 最近は、耐病性の高い品種なども出まわるようになりましたので、 土地に合わせて、良い品種を …

no image

タマネギの植え付け時期と作業のポイント

タマネギの種まきは、基本的に9月頃に行います。 苗がしっかり育った10月下旬?11月頃の植え時を目安に管理していきます。 タマネギは、寒くなる時期になるまでに、十分に根っこを育ててあげ、 暖かくなった …

no image

たまねぎの種類|食べられる部分は根っこ?葉っぱ?

普段、良く食べられている野菜の1つであるたまねぎですが、たまねぎの食べている部分は、実は葉っぱの一部だということを、ご存知でしょうか? 葉っぱの下の方にある葉鞘と呼ばれるところが生長することで、何層に …

no image

タマネギの苗の植え付け|生育適温は20度?25度

タマネギは、土の中で、ゆっくりと生長する野菜です。 秋には、種まきを行い、苗を育て、それを、晩秋頃に植え付けます。 苗は、細長く、葉ネギに似たものに見えますが、越冬すると、 徐々に気温の上昇から、葉鞘 …

カテゴリー

最近のコメント