たまねぎの健康効果|血液サラサラおいしい野菜

gum03_ph05060-s.jpg

家庭菜園でも手軽に作れるたまねぎは
炒め物やカレーなどの煮込み物、サラダまで
広く料理に利用され、食卓には欠かせない野菜です。

しかしたまねぎの歴史は浅く、
日本では明治以降に浸透してきました。

たまねぎの健康効果の1つに
「血液をサラサラにする」という効果があります。

スポンサーリンク

これは、たまねぎに含まれる硫化アリルなどのイオウ化合物が、
血管を詰まらせる原因となる血栓を溶かす成分に変化し、
血液をサラサラに浄化してくれる働きのためです。

またたまねぎには、食物繊維が豊富に含まれています。
便秘を改善するために、腸の働きを活発にする
たまねぎの食物繊維を積極的に取り入れ、
腸内の善玉菌を増やすことは大切な対策です。

ただし、かたい膜に覆われた細胞の中に存在する
硫化アリルが活性化するのは、
生のたまねぎのスライスか、みじん切りで食べた時です。

たまねぎの辛みをやわらげるため
スライスしたたまねぎを水にさらすのは、
硫化アリルが溶け出すので、
長時間水にさらしてしまうと健康効果が低下してしまいます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
タマネギの育て方
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました