初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

タマネギの育て方

タマネギの栽培管理|冬は除草作業、春は病害虫対策

投稿日:

◆冬は除草作業、春は病害虫対策
冬は、雑草の生育が盛んな時期ではありませんが、
春先になると、急に大きくなりますので、冬場のうちに、
早め早めで雑草対策を行います。
植え付け直後は低温期に入るため、病害虫の被害も少ないですが、
3月頃になって気温が上昇しはじめると、べと病、
ネギアザミウマなどの被害が心配になります。
薬剤の予防散布や、害虫を防ぐためのシルバーマルチなど、
上手く資材を活用しながら、育ててみてください。
◆春先にはしっかりと追肥を行う
冬?春は、どんどん日が長くなってきますが、早生種だと、
比較的日の短い時でも、タマネギの球の肥大が進みます。
大きな美味しいタマネギを収穫するには、肥大する前に、
しっかりと生長を促し、葉の枚数を確保しておくことが必要です。
そのため、追肥の作業は欠かせません。
早生種は1月と2月に、中手種は2月と3月に追肥を行います。
マルチングをしている場合は、マルチ穴に追肥してくださいね。
◆ほとんど倒伏したら収穫です
球が育ち、葉が7?8割倒伏した頃が収穫の目安です。
早生種の場合は大体、5月の中旬頃、
中手種、晩生種のは、6月上旬頃が目安となります。
収穫は、その後晴れの日が続くような時に行い、
収穫後は並べて良く乾燥させます。
◆釣り玉にすれば、保存性が良くなる
乾燥させた後は、5個ずつ、葉を重ねてひもで縛り、
風通しの良い場所に吊るしておきます。これが、釣り玉貯蔵です。
多湿の場所は腐敗しやすいくなるので注意が必要です。
大体、早生種でも8月くらいまでは貯蔵することができるので、
長く楽しむことができます。

スポンサーリンク

-タマネギの育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

タマネギの育て方・栽培方法|血液サラサラ効果がうれしい玉ねぎの栄養素

タマネギの原産地は中央アジアです地中海沿岸ともいわれます。 タマネギは古代エジプトで栽培され、ギリシャでは紀元前10世紀、 ローマでは紀元前5世紀に栽培されていました。 旧約聖書や千夜一夜物語にもタマ …

no image

たまねぎの健康効果|血液サラサラおいしい野菜

家庭菜園でも手軽に作れるたまねぎは炒め物やカレーなどの煮込み物、サラダまで広く料理に利用され、食卓には欠かせない野菜です。 しかしたまねぎの歴史は浅く、日本では明治以降に浸透してきました。 たまねぎの …

タマネギ 家庭菜園

タマネギの食べる部分は何?|根菜類ではなく葉菜類です

タマネギは、良く根菜類と間違えられますが、葉菜類です。 地中で大きく育つタマネギではありますが、食べる部分は、 根ではなく、葉鞘(ようしょう)と呼ばれる葉の部分にあるためです。 (鱗茎とも呼ばれること …

no image

たまねぎの種類|食べられる部分は根っこ?葉っぱ?

普段、良く食べられている野菜の1つであるたまねぎですが、たまねぎの食べている部分は、実は葉っぱの一部だということを、ご存知でしょうか? 葉っぱの下の方にある葉鞘と呼ばれるところが生長することで、何層に …

no image

タマネギの原産地と日本での歴史

食卓にも良く使われるタマネギは、ネギの仲間、単子葉植物です。 保存性の高いタマネギは、収穫期間は春?夏頃となりますが、 釣り玉貯蔵にすれば、1年中味わうことができます。 育てる時には、秋ごろに苗を購入 …

カテゴリー

最近のコメント