初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

白菜の育て方 野菜の育て方

ハクサイ(白菜)の寒さ対策|白菜を長く上手に楽しむ方法

投稿日:

家庭菜園の防寒対策は万全でしょうか?

冬越しする葉菜類では 園芸用の不織布をベタ掛けしたり、
弱い霜を防ぐだけなら、寒冷紗をベタ掛けするか、
トンネル掛けすることで防げます。

ハクサイ(白菜)の収穫も順調に進んでいるでしょうか?

大きく育ち、結球したハクサイは、
一気に収穫しても食べきれないですよね
たくさんできた白菜は、 順番に収穫して長く楽しみたいものです。
 
白菜を畑でそのままにしておくと、 霜や寒風があたって、
結球した白菜の頂部の柔らかい葉や外葉がカサカサになり、
やがてそこから腐って食べられなくなってしまいます。

⇒ハクサイの栽培特性
まだ収穫していないものは防寒対策をして、
長い間利用できるようにしましょう。

簡単な白菜の防寒対策は、霜が降り始めてきたころ、
少ししおれかけた白菜の外葉を、
結球した白菜の上に3?4枚かぶせておく方法です。

しおれかけた白菜の葉の方が球になじみやすく、
風で飛ばされにくいので利点ですが、
なければ白菜の新葉でも大丈夫です。

スポンサーリンク

家庭菜園の畑に長く置く場合は、
なるべく多くの白菜の外葉で
球を包むようにして、ひもで縛っておきます。

ハクサイが勢いよく育っていると白菜の葉が折れたりして、
作業しにくいので、多少の霜にあたり、
白菜の葉が柔らかくなってから行うようにします。

べた掛け資材(不織布など)があれば、
それを2?3枚重ねて、 風で飛ばされないように
工夫して白菜に覆っておくのも一つの方法です。

家庭菜園から収穫して貯蔵しておくには、
新聞紙にくるんで、涼しい所に立てておくのが簡単です。

収穫した白菜がたくさんあるなら、根をつけて抜き取り、
竹林や樹林など霜を防げる場所に、
白菜の根元を上にして並べておきます。

腐った白菜の株は早めに発見し、取り除くようにしましょう。

⇒ハクサイはなぜまくのか?

⇒ハクサイの栽培特性

スポンサーリンク

-白菜の育て方, 野菜の育て方
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

娃々菜(わわさい)の育て方|食べきりサイズの超小型ハクサイ

スーパーなどで売られている一般的なハクサイの重さは4?5キロです。小型のものでも3キロほどありますので、購入したはいいものの、持って帰るのに大変!といった経験をされた方も居るのではないでしょうか? そ …

no image

高菜の栽培・育て方|辛みと風味のある葉物野菜

 高菜 タキイ 赤大葉高菜 <タキイの高菜です。種のことならお任せグリーンデポ> タカナ(高菜)とはアブラナ科の越年草で、カラシナの変種です。20?60cmほどの丈に成長します。 葉や茎は柔らかくて辛 …

no image

カリフラワーの育て方・栽培方法|抜群のビタミンC含有量の花野菜

カリフラワーはブロッコリーとともに、 東地中海沿岸の島々に分布する不結球の野生キャベツがルーツです。 日本には明治に渡来し、ブロッコリーより先に普及しました。 くせのない淡白な味、さっくりした歯ざわり …

ジャガイモ

じゃがいもの育て方・栽培方法|保存しやすい常備野菜

じゃがいもの栽培のポイント 前年に自家で取れたじゃがいもは芽が伸びていたり、 ウイルス病にかかっている場合もあるので じゃがいもの種イモは市販のものを使ったほうがよいでしょう。 じゃがいもは連作を嫌う …

野菜つくり

白菜の間引き|おいしいハクサイの育て方

白菜の間引き1回目は子葉が開き切ったころです 発芽遅れのものや株が込み合ったところだけ間引きします そして本葉が2枚のころに1か所が2―3株になるように間引き、 さらに白菜の本葉が6?7枚になったとき …

カテゴリー

最近のコメント