初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の道具

家庭菜園での野菜作りに必要な資材

投稿日:

キュウリ、エンドウマメなど、つる性でつるが絡みつくような野菜には、
園芸ネットを使った栽培管理が有効です。

ちなみに、草丈の大きくならないものや、つる性ではない野菜、
もともとはつる性の野菜ではあるものの、つるなし性の品種であるものなどは、
園芸ネットは不要となります。

ただし、害虫のリスクの高い野菜などの場合は、絡み付ける目的ではなく、
害虫の飛散を予防する目的で、寒冷紗などの防虫ネットが有効な場合もあります。

例えば、キャベツなどがその例です。
ヨトウムシやコナガ、アオムシなどの被害に遭いやすい野菜ですので、
これらの害虫からキャベツを守るために、寒冷紗を使います。

スポンサーリンク

コナガはとても小さく、網の目に卵を産み付けることがあるので、
防虫ネットを設置する場合は、ネットと野菜が触れ合わないように設置したり、
網目の細かい防虫ネットを選ぶ必要があります。

■野菜作りで使用するさまざまな資材

家庭菜園では、支柱・マルチング用のフィルム・ビニールトンネル・
ベタ掛け資材(不織布)などを、用途・目的に合わせて用います。

例えば、マルチングであれば雑草防止・保温効果・害虫防除、
支柱であれば、作物を支える目的、ビニールトンネルを作るための骨組みとしてなど、
さまざまな効果があります。

このような資材は、家庭菜園をつくる上では絶対に必要となるものです。
育てる野菜の種類に応じて、使用するもの、不要なものがありますが、
それぞれの利点を把握し、効率的に使っていけるようにしましょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園の道具
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

マルチングの効果|目的によって、使うフィルムには違いがある

株元や、土の表面の覆うようにして使うマルチングは、野菜作りの資材の中では、最もポピュラーであり、使いやすいものです。目的によって、使うフィルムには違いがありますので、簡単に紹介します。 ■敷きワラや刈 …

no image

水やりに必要な道具|ジョウロは家庭菜園に必要

種まきの後は、たっぷりと水を与えることが重要とされますが、水圧が強すぎると、水で土を削ってしまうことになり、種が流れ出ることもあるので、水圧の強くならない、ジョウロで水を与えることが必要です。 また、 …

no image

マルチ資材の種類|それぞれ特性があるので目的に応じて、使用するようにしましょう

今は、ポリフィルムを使ったマルチ(マルチング)が一般的ですが、昔は、敷きワラや敷き草といい、稲わらや麦わら、ススキなどのイネ科の野草を、マルチングとして利用していました。 農家のご家庭では今もこの方法 …

no image

家庭菜園の野菜作りに必要な道具|移植ごて、はさみの選び方

■ベランダで家庭菜園を行う場合 ベランダなどのスペースを使って、プランター家庭菜園を楽しむ場合などは、スコップは必要ありません。その代わりに、移植ごてや、土入れなどが必要です。 土入れは、用土袋からプ …

no image

家庭菜園でのマルチングの効果|野菜の病害虫の予防にもなる

春?秋にかけては、病害虫の盛んな時期となりますので、充分に気をつけなくてはいけない時期です。 病原菌は、雨による泥の跳ね返りや、風に乗ってやって来るので、マルチングとすることで、大部分を予防することが …