初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

支柱立て

家庭菜園での支柱の立て方と注意点

投稿日:

キュウリや、サヤインゲンなど、つる性の野菜を育てる時には、
つるを誘引することのできる「支柱」を用いて、野菜の管理を行います。

この支柱の差し方ですが、地面に差し込む時に根っこを傷つけないよう、
苗から少し離して支柱を立てることをお勧めします。

苗のすぐ近くに支柱を立てると、根っこに支柱のダメージが加わり、
生育を阻害してしまう場合があるからです。

目安は大体、株より15センチほど離して支柱を地面に差し込みます。
もちろん、この距離が離れすぎてしまっては、野菜を支えることができなくなるので、
ちょうど良い距離に設置するのが、基本です。

スチール製の支柱に、ビニールで覆ってある一般的なものは、
先端が尖ったほうを、土の中に入れるようにします。
逆にすると、大変危ないので、向きは確認するようにしてください。

スポンサーリンク

支柱の大きさはさまざまで、大きいものは3メートルほどのものもあります。
栽培する野菜がどれだけ伸びるものなのかを、大体把握して、
差し込む部分(約30センチ)を考慮し、購入してみてください。

ピーマンやナスなどであれば、1.5メートルほどの長さの支柱を、
キュウリやトマトなどであれば、2メートル以上ある支柱を選ぶようにしてください。

野菜それぞれの特徴や、家庭菜園のスペースなどを考えて、
支柱の差し方についても、考えていきます。
一般的なのは直立式ですが、合掌式などを使った菜園も良く見かけます。

支柱に上手く誘引することができれば、管理が楽になりますし、
生長を安心して見守ることができます。

スポンサーリンク

-支柱立て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家庭菜園 キュウリ

キュウリの支柱立てと誘引|おいしいきゅうりの育て方

キュウリを植えつけてから乾燥しすぎてない状態であれば 雨だけでほとんど水をあたえすに育てます 2―3週間ほどでキュウリの苗がよく根付いてきたら 寒冷紗や風除けをはずし、本支柱をたてます スポンサーリン …

no image

支柱立て|風で倒れたり、折れたりするのを防ぐ

家庭菜園の野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、風で倒れたり折れやすいものが多いです。  トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、葉菜類で …

no image

キュウリの支柱の役割|風通しが良くなるなど様々なメリット

キュウリの栽培には、支柱を使うというのが一般的となっていますが、昔の日本では、地べたに這わせるようにして、キュウリを栽培することも、多くあったと言われています。 ⇒キュウリの栽培特性 しかし、地這栽培 …

家庭菜園 ナス

ナスの仕立て方・誘引|家庭菜園でのナスの育て方

わき芽をとり、側枝の本数や方向を整えることを仕立てるといいます 作物によっていろいろな仕立て方がありますが ナスの場合は2本仕立て、3本仕立てにすることが多いです スポンサーリンク

家庭菜園 ピーマン

ピーマンの支柱立て・整枝|生育が旺盛なので適度に芽かきを

ピーマンの1番花より下のわき芽を摘んだら 本支柱を立てます。 長さ1mほどの支柱を立て、側枝の1本と支柱を 8の字にひもで結びます。 スポンサーリンク 成長が進むとピーマンの枝自体や実の重みで枝が垂れ …