初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

マルチング 家庭菜園の道具

マルチングの効果|目的によって、使うフィルムには違いがある

投稿日:

株元や、土の表面の覆うようにして使うマルチングは、
野菜作りの資材の中では、最もポピュラーであり、使いやすいものです。
目的によって、使うフィルムには違いがありますので、簡単に紹介します。

■敷きワラや刈草を使ったマルチング

敷きワラや刈草は、今でこそ手に入れにくい資材と言えますが、
昔は、こういったものを使ったマルチングが一般的でした。

特に梅雨明けの果菜類、夏野菜にはぴったりな資材と言えるので、
用意の出来る方は、利用してみてください。

効果は、土壌の乾燥予防、雑草防止、雨による泥の跳ね返り予防などと、
なります。

■ポリフィルムを使ったマルチング

現在の家庭菜園では、ポリフィルムを使ったマルチングが一般的です。
種類がとても多く、サイズは勿論、色なども異なり、色によってその効果も違います。

保温効果が高いのは、日光の影響を受けやすい透明のフィルムです。
黒いフィルムは、雑草予防に効果が高く、シルバーフィルムは、
地温上昇の予防、アブラムシの予防などの効果が期待出来ます。

また、最近は穴の空いているポリフィルムもあり、
そちらを使うと、換気する手間も省けるメリットがあります。

スポンサーリンク

穴あきフィルムは、特にタマネギの栽培に適していますので、
タマネギを育てる場合は、このマルチング資材を選ぶようにすると良いでしょう。

幅は95センチ、135センチ、150センチなどの種類がありますので、
畝幅に合わせて選ぶようにすると良いです。
それぞれの特性を知り、適した資材を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

-マルチング, 家庭菜園の道具
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キュウリの支柱の役割|風通しが良くなるなど様々なメリット

キュウリの栽培には、支柱を使うというのが一般的となっていますが、昔の日本では、地べたに這わせるようにして、キュウリを栽培することも、多くあったと言われています。 ⇒キュウリの栽培特性 しかし、地這栽培 …

no image

マルチを張ると根の張り方が違う

植物の根は水分と肥料分を求めて土の中を伸びていきます マルチフィルムを使うことによって温度と水分が保たれていると、根の張りがよくなり土の深くにも浅く横にも広がっていきます スポンサーリンク 追肥の時に …

no image

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時にも、目盛りの付いたものが便利かと思いますので、100円均一などで、家庭菜園用として購入しておきましょう。 また、液体用 …

家庭菜園 トウモロコシ

とうもろこしの追肥・土寄せ|おいしいトウモロコシの育て方

とうもろこしの草丈が40㎝から50㎝になったら、 マルチフィルムをはずします。 スポンサーリンク とうもろこしの根もとに雨が当たることで 土がしまり、とうもろこしの株が安定します。 スポンサーリンク

no image

園芸用の支柱の種類|家庭菜園の便利な道具

支柱には、重量の重い実を付ける野菜を支える効果や、病害虫のリスクを抑制する効果、倒伏防止などの効果があります。 また、支柱には防虫効果や、防寒対策として行うトンネル栽培のできる、トンネル支柱というもの …