マルチングの効果|目的によって、使うフィルムには違いがある

株元や、土の表面の覆うようにして使うマルチングは、
野菜作りの資材の中では、最もポピュラーであり、使いやすいものです。
目的によって、使うフィルムには違いがありますので、簡単に紹介します。

■敷きワラや刈草を使ったマルチング

敷きワラや刈草は、今でこそ手に入れにくい資材と言えますが、
昔は、こういったものを使ったマルチングが一般的でした。

特に梅雨明けの果菜類、夏野菜にはぴったりな資材と言えるので、
用意の出来る方は、利用してみてください。

効果は、土壌の乾燥予防、雑草防止、雨による泥の跳ね返り予防などと、
なります。

■ポリフィルムを使ったマルチング

現在の家庭菜園では、ポリフィルムを使ったマルチングが一般的です。
種類がとても多く、サイズは勿論、色なども異なり、色によってその効果も違います。

保温効果が高いのは、日光の影響を受けやすい透明のフィルムです。
黒いフィルムは、雑草予防に効果が高く、シルバーフィルムは、
地温上昇の予防、アブラムシの予防などの効果が期待出来ます。

また、最近は穴の空いているポリフィルムもあり、
そちらを使うと、換気する手間も省けるメリットがあります。

スポンサーリンク

穴あきフィルムは、特にタマネギの栽培に適していますので、
タマネギを育てる場合は、このマルチング資材を選ぶようにすると良いでしょう。

幅は95センチ、135センチ、150センチなどの種類がありますので、
畝幅に合わせて選ぶようにすると良いです。
それぞれの特性を知り、適した資材を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
マルチング 家庭菜園の道具
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました