初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園の道具

家庭菜園でのトンネル栽培|保温、鳥害対策、防虫対策にもなる

投稿日:

冬場は、なかなか育てることの出来る野菜の種類は減りますが、
決して、野菜を育てることが出来ない環境というわけではありません。

資材を用いたトンネル栽培をすれば、ほうれん草や、小松菜、ニンジン、
ダイコンなどを育てることが出来、鍋物などにも、取り入れることが出来ます。

■トンネル栽培とは?

トンネル栽培というのは、半円形の支柱をまず作ります。
そして、その上へビニールフィルムや、寒冷紗、不織布などを掛けて、
そのまま栽培する方法になります。

保温の意味では、ビニールフィルムが有効となります。
パンチフィルムなど、穴の空いているものを使えば、換気する手間もなく、
管理が非常に楽です。

霜の対策をするのであれば、寒冷紗や、不織布などを使うと良いです。
また、寒冷紗には防虫の効果もありますので、合わせて覚えておいてください。

■ベタ掛け資材を使うには?

野菜の上に、直接不織布などを掛けるのが、ベタ掛けと呼ばれる資材です。
保温効果が期待出来、ほうれん草や小松菜などであれば、
種を蒔いたらそのまま、ベタ掛けをして育てるケースもあります。

不織布は、通気性が良く、水を良く通しますので、上から水やりが出来、
いちいち外したり、被せたりといった手間が掛からないのも魅力です。

マメ科の野菜などは、鳥害の被害にも遭いやすいのですが、
ベタ掛けを種まき後より、本葉が出るまで掛けておくと、鳥害も防ぐことが出来るなど、
さまざまな効果を得ることが出来ます。

スポンサーリンク

-家庭菜園の道具
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園でのマルチングの効果|野菜の病害虫の予防にもなる

春?秋にかけては、病害虫の盛んな時期となりますので、充分に気をつけなくてはいけない時期です。 病原菌は、雨による泥の跳ね返りや、風に乗ってやって来るので、マルチングとすることで、大部分を予防することが …

no image

マルチ資材の種類|それぞれ特性があるので目的に応じて、使用するようにしましょう

今は、ポリフィルムを使ったマルチ(マルチング)が一般的ですが、昔は、敷きワラや敷き草といい、稲わらや麦わら、ススキなどのイネ科の野草を、マルチングとして利用していました。 農家のご家庭では今もこの方法 …

no image

家庭菜園で肥料の計量に便利な道具

油粕は、粉末状・粒状になっているので、軽量カップを用います。固形状になっている時にも、目盛りの付いたものが便利かと思いますので、100円均一などで、家庭菜園用として購入しておきましょう。 また、液体用 …

no image

家庭菜園の野菜作りに必要な道具|移植ごて、はさみの選び方

■ベランダで家庭菜園を行う場合 ベランダなどのスペースを使って、プランター家庭菜園を楽しむ場合などは、スコップは必要ありません。その代わりに、移植ごてや、土入れなどが必要です。 土入れは、用土袋からプ …

no image

家庭菜園での野菜作りに必要な資材

キュウリ、エンドウマメなど、つる性でつるが絡みつくような野菜には、園芸ネットを使った栽培管理が有効です。 ちなみに、草丈の大きくならないものや、つる性ではない野菜、もともとはつる性の野菜ではあるものの …

カテゴリー

最近のコメント