家庭菜園の初心者が野菜作りを楽しむ方法

放射能の問題などにより、食の安全が見直されています。
特に野菜に関しての安全を問う人も多く、自宅で無農薬野菜を栽培
しているという人や、宅配で安全な物を購入しているといった人も居ます。

家庭菜園は、自宅にあるスペースを使って安心・安全な野菜を、
簡単に作ることが出来ますが、失敗してしまうケースも多く、
家庭菜園を諦めてしまう人も居るのです。

■家庭菜園は意外と敷居の低いものなんです

家庭菜園というと、スコップ・プランター・土・苗・マルチ・支柱など、
本当に色々な道具が使われているため、それを購入するだけでも、
大変だという人が居ます。

また、庭の一部を畑としなくては出来ないといった悩みなど、
スペースの悩みを抱えている人も多いです。

しかし、意外と家庭菜園の敷居は低く、ベランダなどのスペースでも、
家庭菜園は行うことが出来ます。また、最近では培養土の袋自体を使い
栽培をするものなども販売されています。

プランターの代わりとして、発泡スチロールの箱や、ヨーグルトなどの、
空き容器、ペットボトルなどを使っても十分栽培出来るのです。

ただし、家庭菜園は環境の違いにおいても大きく異なります。
勿論、肥料や土、水やりの方法や正しいお手入れなどは前提ですが、
それ以上に、家の環境によって育ち方が異なるのです。

例えば、あまり日光の当たらない場所で家庭菜園を行なっても、
やっぱり上手に育てることは出来ません。
そういった条件も見ておくことが必要です。

道具を買い揃えて本格的に家庭菜園をやってみようと構えずに、
まずは、それまでに家にあった物などを上手に利用してみるのも、
家庭菜園ならではの醍醐味と言えます。

■土や肥料のブレンドは中級者以降からで十分です

スポンサーリンク

家庭菜園をやるにあたって、インターネットの情報や書籍などを見て、
方法を覚える人も多いと思いますが、その野菜1つ1つで、土のブレンド
肥料の種類は異なりますよね。

確かに間違いを書いている書籍などは、ほぼないと言えますので、
きちんとその本に忠実に進めれば上手く行く可能性は、上がるかも
知れません。

しかし、最近では野菜用の土が販売されているなど、初心者でも、
簡単に栽培が始められるようなグッズが販売されています。

野菜の生育にちょうど良い、チッソ・リン酸・カリがブレンドされている
ものが元々売られていますので、そちらをまずは利用してみましょう。

■種からはじめる楽しさもありますが、苗からの方が易しいです

確かに、種からはじめてこそ家庭菜園だ!と思う人も
居るかと思いますが、初心者の内は苗から始めることがお勧めです。

既に苗までは健康に育っているものを植えるわけですから、
失敗も少なく、収穫の楽しみを味わいやすいと言えます。

種から苗を作るというのは難しいともされていますので、
最初は苗から何でも作れるようになってから、種からの栽培に、
チャレンジしてみると良いのではないでしょうか?

苗を育てる作業は、苗から育てる場合と違った楽しみもあります。
間引きした葉っぱなどはその時に食べることも出来ますので、
ぜひ、こちらの楽しみも味わってみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
家庭菜園ブログコラム
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました