初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園の初心者が野菜作りを楽しむ方法

投稿日:

放射能の問題などにより、食の安全が見直されています。
特に野菜に関しての安全を問う人も多く、自宅で無農薬野菜を栽培
しているという人や、宅配で安全な物を購入しているといった人も居ます。

家庭菜園は、自宅にあるスペースを使って安心・安全な野菜を、
簡単に作ることが出来ますが、失敗してしまうケースも多く、
家庭菜園を諦めてしまう人も居るのです。

■家庭菜園は意外と敷居の低いものなんです

家庭菜園というと、スコップ・プランター・土・苗・マルチ・支柱など、
本当に色々な道具が使われているため、それを購入するだけでも、
大変だという人が居ます。

また、庭の一部を畑としなくては出来ないといった悩みなど、
スペースの悩みを抱えている人も多いです。

しかし、意外と家庭菜園の敷居は低く、ベランダなどのスペースでも、
家庭菜園は行うことが出来ます。また、最近では培養土の袋自体を使い
栽培をするものなども販売されています。

プランターの代わりとして、発泡スチロールの箱や、ヨーグルトなどの、
空き容器、ペットボトルなどを使っても十分栽培出来るのです。

ただし、家庭菜園は環境の違いにおいても大きく異なります。
勿論、肥料や土、水やりの方法や正しいお手入れなどは前提ですが、
それ以上に、家の環境によって育ち方が異なるのです。

例えば、あまり日光の当たらない場所で家庭菜園を行なっても、
やっぱり上手に育てることは出来ません。
そういった条件も見ておくことが必要です。

道具を買い揃えて本格的に家庭菜園をやってみようと構えずに、
まずは、それまでに家にあった物などを上手に利用してみるのも、
家庭菜園ならではの醍醐味と言えます。

スポンサーリンク

■土や肥料のブレンドは中級者以降からで十分です

家庭菜園をやるにあたって、インターネットの情報や書籍などを見て、
方法を覚える人も多いと思いますが、その野菜1つ1つで、土のブレンド
肥料の種類は異なりますよね。

確かに間違いを書いている書籍などは、ほぼないと言えますので、
きちんとその本に忠実に進めれば上手く行く可能性は、上がるかも
知れません。

しかし、最近では野菜用の土が販売されているなど、初心者でも、
簡単に栽培が始められるようなグッズが販売されています。

野菜の生育にちょうど良い、チッソ・リン酸・カリがブレンドされている
ものが元々売られていますので、そちらをまずは利用してみましょう。

■種からはじめる楽しさもありますが、苗からの方が易しいです

確かに、種からはじめてこそ家庭菜園だ!と思う人も
居るかと思いますが、初心者の内は苗から始めることがお勧めです。

既に苗までは健康に育っているものを植えるわけですから、
失敗も少なく、収穫の楽しみを味わいやすいと言えます。

種から苗を作るというのは難しいともされていますので、
最初は苗から何でも作れるようになってから、種からの栽培に、
チャレンジしてみると良いのではないでしょうか?

苗を育てる作業は、苗から育てる場合と違った楽しみもあります。
間引きした葉っぱなどはその時に食べることも出来ますので、
ぜひ、こちらの楽しみも味わってみてくださいね。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

野菜と果物の違いはなんですか?

普段、特に考えることなく「野菜」や「果物」と食べていると思いますが、この野菜である、果物であるという定義は、どのようにされているのでしょうか? 農林水産省では、「野菜とは、食用に供し得る草本性の植物で …

no image

家庭菜園では旬の野菜が毎日食べられるメリット

家庭菜園の1番のメリットは、その時期の旬の野菜が、 毎日食べられることにあります。旬のものは、1番、美味しく、 栄養も豊富です。ビニールハウスなどは使わず、その時出来る、 野菜を作るからこそ、得られる …

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …

no image

ベビーリーフを水耕栽培で育ててみました

きっかけは、出勤前に見た朝の情報番組でした。 お部屋で野菜を育てて、それをちぎってそのまま食べられる! というのがウリで、そのためのグッズを紹介していたのです。 私、虫が大嫌いなので植木鉢とかは苦手な …

no image

家庭菜園で健康生活をおくろう|野菜と健康の関係性

野菜は、健康に良いと呼ばれる食生活になくてはならないものです。具体的に、私たちの生活に野菜を取り入れると、どのような健康効果を得ることが出来るのでしょうか? 野菜には、ビタミンが多く含まれています。そ …

カテゴリー

最近のコメント