初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

野菜の原産地を知ることは野菜の特徴をより理解する手掛かりとなる

投稿日:

日本で栽培されている野菜は、日本の高温多湿な環境にも適するよう、
品種改良が盛んに行われており、野菜の育てやすさというのは、年々上がってきていると言えます。

しかし、野菜が元々持ちあわせる生理や生態などは、原産地を由来とするため、
原産地の環境に近い条件を好む野菜というのは、非常に多いです。
そのため、バビロフの八大中心地などは栽培のヒントになると言えます。

本日は、そんな原産地の環境条件を主に、野菜の栽培のポイントについて、
紹介していきたいと思います。

■中央アジアを原産とする場合

大陸性である中央アジアは、比較的、標高の高い土地にあり、
1年を通して涼しく、乾燥した地域と言えます。

■地中海沿岸地域を原産とする場合

スポンサーリンク

温暖な地域であり、日光の光をふんだんに浴びています。
雨が少なく、日本では春野菜・秋野菜がこの地域原産となるものが多いです。

■インド・マレーシア中心地を原産とする場合

熱帯地域と言えるこの地域は、雨が多く、雨季と乾季に分かれるところもあり、
日本の暑い夏や、湿度の高さに対応する野菜が多くあります。

■中国を原産とする場合

大陸性熱帯気候であるこの地域は、昼と夜の温度差がとても激しく、
また、夏と冬との差も大きな地域です。

ヒマラヤ周辺を原産とするキュウリは、涼しい気候を好み、
日本の夏を非常に苦手とします。

■南アメリカを原産とする場合

標高が非常に高い土地ということで、昼と夜との温度差が激しく、
乾燥しがちです。そのため、ジャガイモは涼しくなった秋ごろの気候を好む傾向にあります。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

野菜と穀物の定義とは?

野菜は、簡単な調理や、生で食べる事の出来る一年生の草本植物とされています。 これに対して、穀物はどのように定義されているのでしょうか? スポンサーリンク

no image

園芸療法とは|家庭菜園で五感が研ぎ澄まされる?

園芸療法という言葉を御存知ですか?園芸療法とは、その名前の通り園芸作業が精神的な病を抱える患者さんの回復に役立つという事をさします。 この考え方は1880年台のアメリカで確立しました。フィラデルフィア …

no image

家庭菜園をはじめても挫折する人が多い|心配な方はベランダやプランターなどの狭い範囲から

私も、はじめは家庭菜園の初心者でした。ただ、なんとなく、 「やってみたい」そう思ったから、家庭菜園を始めました。 誰しも、趣味のはじまりなんて、こんなものですよね。まずは、 「興味があるかどうか」ここ …

no image

じゃがいもの栽培特性と上手な育て方

じゃがいもの作物的特性は、生育適温15から24度で、 イモの肥大は17度が適し、29度以上ではイモは形成しません。 高温ではイモ数は増加するが、肥大は劣り、澱粉蓄積が低下して収量は減少します。 土壌の …

no image

枝豆で夏バテ防止|エダマメは栄養価の高い家庭菜園おすすめ野菜

枝豆というと、ビールのおつまみとして良く食べられていますが、あまり、栄養価については考えたことがなかったのではないでしょうか? 実は、枝豆の栄養価は高くビタミンB1、ビタミンC、Aなども豊富に含まれて …

カテゴリー

最近のコメント