初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

栽培時期による野菜の分類|家庭菜園で季節の野菜を育てよう

投稿日:

野菜には、いろいろな分類方法がありますが、季節で分ける方法も一般的です。
春作と呼ばれる春野菜、夏作と呼ばれる夏野菜など、それぞれの野菜について、
詳しく紹介して行きたいと思います。

■春野菜

暖かい地域をルーツとする野菜が多く、暑さに弱い特徴があります。
春・秋と育てることが出来るものも多いので、家庭菜園にはぴったりです。

春野菜は、ダイコン、ニンジン、ジャガイモをはじめとして、
ホウレンソウ、コマツナなど、さまざまな野菜を楽しむことが出来ます。

■夏野菜

夏野菜は、暑い地域をルーツとした野菜が多いため、
寒い秋冬には育てることが出来ません。

最近はハウス栽培などによって1年間楽しむことが出来るものも多いですが、
一般的には、ナスやトマト、ピーマン、キュウリ、エダマメなどが夏野菜となります。

スポンサーリンク

■秋冬野菜

春野菜同様、暖かい地域をルーツとする野菜が多いです。
春野菜とは違い、越冬後、暖かくなると花芽がではじめるものがあり、
適期の植え付けが大変重要となります。

■例外となる野菜

春キャベツ、冬キャベツなどのように収穫する季節に応じて、
名前が変わる野菜もあります。春夏野菜や、冬春野菜など、細かく、
分けられることもあります。

野菜の生育には、それぞれ適温というものがあります。
適温が維持出来なければ、育つ前の段階で、発芽すらしない事もありますので、
種まきや、苗の植え付け時期については、適期を守るようにしましょう。

また、同時に収穫期についても確認をしておくと、
家庭菜園のスペースを上手に使いまわすことが出来るかと思います

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

日本の野菜の食文化|大根は原産地は地中海だけど日本で広く普及した

日本は昔、「野菜を生で食べる」と言う習慣がありませんでした。これは、肥料として人糞や、人尿、未完熟堆肥などを利用してきたためです。 アメリカや、ヨーロッパは肉を中心として生活をしてきたため、早くより、 …

no image

家庭菜園をはじめても最初は失敗の連続|ナスの台木を育てていました

家庭菜園をはじめてすぐの5月のゴールデンウィーク頃には、 トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、トウモロコシを作り出しました。 もう、この時点で、最初のジャガイモ、ダイコンなども含め、 畑はあますところな …

no image

家庭菜園でミミズが繁殖|土にとってよい影響があります

農薬・除草剤などは使用せず、有機肥料のみを使用すると、 土の中の腐葉をエサとする、ミミズがたくさん繁殖します。 『ミミズの糞』と言う肥料も出ているくらいで、ミミズは、 土にとって良い影響があります。腐 …

no image

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、 レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。 しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、 忙しい …

no image

趣味の家庭菜園はストレス発散になる

いつも仕事が忙しくてあまり自分の時間が持てなかったのですが 最近は家庭菜園でストレスを発散しています。 もともと沖縄育ちだったので近所にサトウキビ畑があったり きれいな海があるのが当たり前な環境だった …