初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園ブログコラム

家庭菜園で化学肥料ではなく有機肥料を使う

投稿日:

家庭菜園ほどのスペースであれば、有機農法は、
そこまで難しいものではありません。堆肥以外にも、牛糞、
油粕、木酢液、鶏糞、いろいろな資材がありますから、
それぞれを使って、土作りを行います。
家庭菜園は、過剰に肥料を与える、密集して育てすぎる、
土の休む日がない、環境下にあります。有機肥料の場合は、
2年?3年と、長い月日をかけてじわじわと効いていくものなので、
追肥程度に与えれば良いと言われていますから、
本来、そんなに肥料は与える必要がないと言えるのですが、
ほとんどの人が肥料を多めに使ってしまいます。
また、肥料をやりすぎてはいけない野菜もあります。
例えば豆類は、肥料を与えすぎると、茎は伸びるものの、
肝心の実の部分が伸びていきません。
更に、ダイコンやハクサイも、化成肥料を与えすぎてしまうと、
窒素成分が黒いシミのように残ります。
こういった障害は、それぞれの野菜が必要としていない養分が、
余ってしまうことが原因です。有機肥料を使う時には、
その成分の比率に着目して、選ぶことが大切だということが分かります。
また、化成肥料と比べて、有機肥料は即効性がありません。
野菜にはじわじわと長く効きますので、ある程度の時間が掛かりますが、
生長に時間がかかる分だけ、しっかりとした、美味しい、
味になるのかも知れませんね。
尚、有機肥料はきちんとすき込めば、苗が肥料に負ける、
「肥料焼け」を起こしにくいのも、メリットの1つだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

-家庭菜園ブログコラム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

家庭菜園をはじめても最初は失敗の連続|ナスの台木を育てていました

家庭菜園をはじめてすぐの5月のゴールデンウィーク頃には、 トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、トウモロコシを作り出しました。 もう、この時点で、最初のジャガイモ、ダイコンなども含め、 畑はあますところな …

no image

家庭菜園で野菜作りをすると農家の苦労がわかる?

地元の農家の人の育てた野菜を販売するコーナーが、 地元のスーパーにあります。いわゆる、産直品コーナーです。 開店時間に、農家の人が朝収穫した野菜を並べているので、 生産者は明確、新鮮な野菜を食べること …

野菜つくり

野菜と穀物の定義とは?

野菜は、簡単な調理や、生で食べる事の出来る一年生の草本植物とされています。 これに対して、穀物はどのように定義されているのでしょうか? スポンサーリンク

no image

家庭菜園を始める前に覚えておくこと|連作障害に注意

家庭菜園をはじめる前に覚えておくこと ■連作障害には注意しよう 同じ品種や同じ科のものなどを連続して栽培すると、病気になりやすい・育ちが悪くなるといった現象が起こります。これが連作障害です。 家庭菜園 …

no image

家庭菜園を作ってトマトを栽培しました

昨年の夏、人生初めて家庭菜園をしました。 まずは畑を耕すところから始めました。 わが家には庭がありましたが、土が硬すぎてそのままになっていました。 小さい耕運機で硬い土を耕し、まずは野菜の大事な土台作 …