コンテナ栽培のメリットとデメリット|狭いスペースで楽しめる家庭菜園

野菜つくり キッチン菜園

コンテナ栽培という言葉を良く耳にすると思いますが、
コンテナ栽培というのは、鉢やプランターなどの容器を使った栽培方法のことで、
畑を利用せずに野菜を育てる方法です。

家庭菜園を作ることのできないお宅でも、ベランダを使った家庭菜園や、
庭の片隅での家庭菜園を楽しむことができるので、
マッションやアパートにお住まいの方にも人気が高いです。

コンテナであれば、持ち運びすることもできますので、
菜園ガーデンを作るのにも向いており、さまざまなメリットがあります。

しかし、野菜というのは本来、畑で育てるのが理想です。
そのため、デメリットがあることも忘れてはいけません。

そのデメリットの1つは、根の伸び方にあります。
畑での栽培では、肥料や水分、酸素を求めて、根っこが自由に伸び出しますが、
コンテナ栽培の場合は、その範囲が非常に狭いため、その中で伸びることしかできません。

スポンサーリンク

また、土壌に関しても与えることのできる肥料分が減りますし、
酸素や水分についても、畑と比べて大きく異なります。

野菜にとって大きく根を伸ばすことは、重要なことです。
肥料を吸収すること、水分を吸収すること、それらを茎葉に供給すること、
酸素を取り入れることなど、さまざまな役目を担っているからです。

コンテナ栽培では、詰まった根同士が酸素を奪い合うこともあり、
酸欠になることもあるという事は覚えておきましょう。

しかし、正しい土・正しい環境で育てられれば、コンテナ栽培でも、
さまざまな野菜を育て、収穫することができます。

畑での栽培と比較して、注意しなければならない点は多々ありますが、
メリットも大きいと言えますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
キッチン菜園 ベランダ菜園
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました