初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ベランダ菜園 水やり

プランター、鉢植えの水やりの注意点|量はたっぷり、回数は少なく

投稿日:

■鉢受け皿に水が溜まらないようにする

鉢を使って家庭菜園をやられている方も多いと思いますが、
鉢受け皿に水がたっぷり溜まらないように水やりには注意しなくては
いけません。

何故かと言うと、家庭菜園で作物を育てる上のポイントとして
「土が乾いた時に水をたっぷりとあげる」というのがあるからです。

スポンサーリンク

受け皿に水が溜まっている状態というのは、底に近い土の部分が、
常に湿っている状態になります。繰り返しこの事を行なってしまえば、
根腐れを起こしてしまう可能性も考えられるのです。

そのため、「土が乾いた時に水をたっぷりとあげる」という基本は守り、
多めの水をあげることは大切ですが、受け皿に溜まった水は不要分
として、きちんと捨ててあげることが大切です。

腰水という方法もありますが、この方法は旅行・出張などの際などの、
水切れ防止などに使う一時的な手段となりますので、こういった
水やり方法も普段はやめましょう。

スポンサーリンク

■1度にあげる水の量はたっぷり、回数は少なく

水やりの際に受け皿に流れ出る部分は不要分であるという事を、
上記に書かせて頂きましたが、だからといって不要にならないよう、
少量を何度も与えるのは間違いです。

土を湿る程度の水やりでは不十分なためです。
根っこは呼吸するために、酸素を必要としますので、水やりをし、
空気を押し出してあげることも必要なのです。

頻繁に水やりを行なってしまうと、空気がなかなか押し出されないため、
根っこが酸素を吸えなくなり、呼吸が出来なくなってしまうのです。

そのため、鉢受け皿に水が流れでてしまうほどの水の量を与え、
回数を減らしてあげることが水やりの基本となります。

家庭菜園において水やりは最も重要といっても過言ではない、
お手入れの1つです。水の与え方で、作物が良くも悪くも変化しますので
今一度、自分の水の与え方について確認してみてください。

スポンサーリンク

-ベランダ菜園, 水やり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

水やりのタイミング、回数、量|基本は土が乾いたときにたっぷり

水やりは基本的に「土が乾いた時にたっぷり」というのが基本です。 良く春は1日に1回、夏場は朝夕2回などの表記もされていますが、 上記の基本は絶対に覚えておくと良いでしょう。 スポンサーリンク

no image

夏の夕方に水やりをするメリット|害虫防除に防除にもなる

夏場は、私たちも暑く厳しい季節を迎えますが、それは野菜も同じこと。夏は、暑さだけではなく、害虫が増えて寄生しやすくなるので、野菜に、気を配りながら管理をして行きたい季節です。 しかし、なかなか毎日のお …

no image

ベランダで野菜作りを楽しむ|工夫次第で野菜を元気に育てられます

野菜作りに興味があるという方は多いですが、あいにく自分の家に、家庭菜園を作るほどのスペースがなく、断念するケースが多いです。 しかし、ベランダでも充分に野菜作りを楽しむことができますので、家庭菜園はで …

野菜つくり

培養土の種類と使い方|家庭菜園のマメ知識

培養土・赤玉土・腐葉土、土には色々な種類があります。 ホームセンターなどへ行けば簡単に手に入る土ですが、家庭菜園に おいて、どんな土を購入すれば良いのか悩む人も多いです。 スポンサーリンク 培養土・赤 …

no image

ベランダ菜園で簡単に栽培できるミニトマト

昨今の園芸ブームで、ホームセンターにはいろいろな野菜の苗が並び、 レンタルで畑を区画で借りて野菜を作る方も増えました。 しかし、よほどに園芸好きでなければ、野菜の虫とりや水やり・肥料やりなど、 忙しい …

カテゴリー

最近のコメント