プランター栽培の水やり方法|失敗の多くは水のやりすぎ

プランター栽培は、土の容量が限られるだけではなく、
プランター内の温度が上がりやすいため、定期的に水やりを行うことが必要です。

しかし、プランター栽培の失敗の多くは水の上げすぎとなりますので、
水をあげすぎないようにすることも重要です。

プランター栽培に利用する培養土は、粘土質のものを多くすることで、
水持ちや肥料持ちを良くすることができます。
ただしそれは、同時に水はけを悪くすることとも言えますので、
根腐れを起こさないように、充分に注意してください。

野菜が育つためには水分補給が大切と言えますが、
水やりを行う理由は、野菜を育てること以外にもたくさんあります。

例えば、肥料分を溶かし、野菜に吸収させやすくすること、
根っこの出した有機酸、二酸化炭素などを外に流す役割などがあります。
野菜というよりは、根を丈夫にするために重要な事柄なのです。

スポンサーリンク

家庭菜園初心者の方が良く間違えやすいのは、水やりの目安です。
水やりをする目安となるのは、土の表面が白く乾きだしたころです。
また、与える量は鉢底から流れ出るほどとなります。

流れ出るほど、水をあげるのはあげすぎになってしまうのではないか?
今日は暑かったから、水やりを多くしよう、そういった水やりを行えば、
野菜の生長を阻害してしまうことがあります。

土に水分のある状態を保つことが良いと思われがちですが、
根っこというのは、水分を求めて伸びるものとなりますので、
多少、乾かし気味に育てることが1番なのです。

また、夏の間は日中に水やりを行うと、水の温度が上昇してしまうため、
午前中の涼しい時間帯または、夕方に行うようにします

スポンサーリンク

この記事を書いた人
こう

脱サラしてやりたかった農業に就農しました。
半農半IT生活を楽しんでいます。

経歴
大学院農学研究科修士課程を卒業
種苗会社で農場長をつとめ、野菜苗の生産
農業資材販売会社で肥料、農薬などを農家に販売
脱サラして就農

取得した資格
緑の安全管理士
野菜ソムリエ
施肥技術シニアマイスター
土壌医2級
JGAP指導員
毒劇物取扱者

こうをフォローする
キッチン菜園 ベランダ菜園 水やり
こうをフォローする
初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました