初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

ベランダ菜園

ベランダ菜園で野菜を育てる方法|家庭菜園初心者でも簡単に栽培できます

投稿日:

家庭菜園をはじめる場合、そのスペースに悩む方も多いです。
しかし、最近ではアパートやマンションのベランダなどで栽培出来る
野菜も多くありますので、家庭菜園を始めやすくなりました。

ベランダ栽培では、畑をつくるのではなくプランターを使って、
栽培を行うわけですが、畑での栽培と比べ難易度も高くないため、
初めて家庭菜園を行う方にもピッタリです。

地植えする菜園とベランダ菜園の大きな違いは土です。
ベランダで家庭菜園を行う場合は、鉢やプランターの中のみに土を
使いますので、本来の家庭菜園よりも土を使いません。

土というのは、菜園を成功させるために非常に重要な部分です。
良い土が多ければ多いほど、水分がしっかりと蓄えられますので、
根っこがぐんぐん伸び、食物も健康に育てることが出来るのです。

プランターでの栽培の場合は、なるべく深さのあるプランターを使い、
植物の根っこの張るスペースを多く取ってあげると良いでしょう。

ベランダ菜園のメリットは水やりにあります。
水やりの回数は夏場で2回、春や秋は1回ほど行わなければ
なりませんので、広いスペースがあればあるほど時間もかかります。

ベランダ菜園の場合は、ベランダに出るだけで水をあげれますし、
スペースも小さいので忙しい方でも上手に育てることが出来るのです。

スポンサーリンク

また、灌水装置付きの鉢というのも販売されています。
灌水装置付きの鉢というのは、底に水をためておくタンクがあり、
それが毛細管現象によって、土へ自動で供給してくれるのです。

種類も豊富なので一概には言えませんが、夏場の水やりであっても、
1週間に1度ほどの水やりで賄えるので、忙しい方でも、
家庭菜園を楽しむことが出来ます。

また、旅行や出張などで家を開けなければならない時なども、
灌水装置付きの鉢は非常に活用されます。

スペースなどの問題を抱えるベランダ栽培は、大変な部分もありますが
それ以上にメリットも多くあります。また、心配される病害虫も、
地植えと比べて少ないんです。

これは、害虫がある程度の高さ以上まで飛べないためです。
アパートやマンションの高層部であれば、尚、害虫にやられにくいです。

土や苗に病害虫が既に付いてしまっていた場合などは仕方ないですが、
環境によって被害をうけるというのは、軽減することが出来ます。



スポンサーリンク

-ベランダ菜園
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

コンテナ栽培のメリットとデメリット|狭いスペースで楽しめる家庭菜園

コンテナ栽培という言葉を良く耳にすると思いますが、 コンテナ栽培というのは、鉢やプランターなどの容器を使った栽培方法のことで、 畑を利用せずに野菜を育てる方法です。 家庭菜園を作ることのできないお宅で …

no image

家庭菜園のプランター栽培の水やりのコツ

狭いスペースでも家庭菜園を楽しむことの出来るキッチン栽培や、 プランター栽培が流行しています。 そんな狭いスペースを用いた家庭菜園のポイントとなるのは、 容器の大きさに適した野菜を育てること、良い用土 …

野菜つくり

プランター、鉢植えの水やりの注意点|量はたっぷり、回数は少なく

■鉢受け皿に水が溜まらないようにする 鉢を使って家庭菜園をやられている方も多いと思いますが、 鉢受け皿に水がたっぷり溜まらないように水やりには注意しなくては いけません。 スポンサーリンク 何故かと言 …

no image

ベランダでブロッコリーを栽培する

この冬はベランダでブロッコリーを栽培しています。 「ハートランド」という苗を 9月にネットで購入して植えしました。 ハートランドは真ん中のブロッコリー以外にも脇芽からも どんどんブロッコリーができる品 …

no image

冬にプランターで栽培できる野菜と育て方のポイント

徐々に寒さが厳しくなってくると、露地栽培していたものは、冬枯に入り、 家庭菜園では、作ることの出来る野菜・収穫できる野菜の種類が限られてくるようになります。 この頃は、家庭菜園での楽しみが半減してしま …