初心者でも簡単!家庭菜園の作り方

家庭菜園は初心者でも簡単にできます。家庭菜園で自分で作る野菜はおいしい! でもやりかたがわからない人に土作りの方法から肥料の施し方、種蒔きや苗の植付けから、 収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、便利なガーデニング用品など紹介します。

家庭菜園での農薬の使い方 家庭菜園の病害虫防除

農薬とは?家庭菜園で使える農薬の種類とその使い方

投稿日:

病気や害虫は、家庭菜園をしている人にとって、
凄く身近なものかと思います。理想としては、無農薬野菜を
育てたいと思っているかも知れませんが、

高温多湿であり、亜熱帯地域である日本の気候では、
農薬を使わなければ、害虫に気を配っていても、
一気に発生してしまうこともあります。

こういった場合には、薬剤を散布し、害虫を駆除していきますが、
農薬にはいろいろな種類がありますので、安全で尚且つ、
害虫に効果のあるものを紹介していきたいと思います。

その前に…農薬とはそもそもなんなのでしょうか?

スポンサーリンク

害虫の防除に用いる殺虫剤や、作物の生理機能を増進する成長調整剤、
発芽抑制剤、農作物を害する病気の防除をする雑菌剤などがあります。

一般的にホームセンターなどで気軽に購入出来るものは、
登録農薬と呼ばれており、国の審査を通過したものだけです。
安全性は国に保証されているだけでなく、使用基準も定められています。

農作物の病害虫を防除するため、ナナホシテントウやハチなどの天敵
重曹・酢などは、特定農薬と呼ばれています。

人や家畜、農作物などに害を及ぼさないものですが、
環境大臣、農林水産大臣に指定されている農薬の1種です。

スポンサーリンク

-家庭菜園での農薬の使い方, 家庭菜園の病害虫防除
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

野菜つくり

シンクイムシ(ハイマダラノメイガ)を防除する|ダイコン、キャベツは特に注意

アブラナ科の野菜にはモンシロチョウ、コナガ、アブラムシなど、 たくさんの害虫がつきますが、家庭菜園でキャベツやハクサイを植えたり、 ダイコンの種まきをするこの季節に最も注意しなければいけないのは、 通 …

野菜つくり

農薬散布に適した時間帯|家庭菜園での農薬の使い方

薬剤の散布に良い時間帯は、朝のまだ気温の低い時です。 特に、害虫の被害の増える夏場は薬剤を散布することも多いと思いますが、 この時期の日中に作業するのは、体力的にも厳しい作業となります。 スポンサーリ …

no image

家庭菜園でのスイカの病気予防|つる割病は接ぎ木苗で対策

家庭菜園でも育てることの出来る夏の風物詩、スイカですがスイカを栽培する上で注意しなくてはいけない点があります。 その1つが病気です。特につる割病はスイカ栽培をする中で厄介な問題となる1つの原因です。 …

no image

ポイント3 まき時期、栽培適期を守り、健康で丈夫な苗を育てる|家庭菜園の病害虫防除

野菜の種まきや定植を適期に行うことは家庭菜園の病害虫防除につながります 野菜の栽培に適した時期というのはその野菜がもっとも健康に丈夫に育つ時期です 野菜の栽培適期に合わせて、栽培すれば病気や害虫の被害 …

ウリハムシ

ウリハムシの上手な駆除方法|見つけたら補殺がコツ

ウリハムシを駆除する場合は活動が鈍い低温の午前中がよいでしょう。ウリハムシはキュウリやかぼちゃ、スイカなどの葉を円く食害し、葉に穴をあけてしまう害虫でたくさん発生して食害を受けると作物の生育がわるくなるだけでなく、ひどい場合は枯れてしまうこともあります。ウリハムシが発生しやすい時期は5月と8月です。ウリハムシの成虫を見つけたら補殺するのがいいでしょう